« AGC | トップページ | AGC(3) »

2009年12月10日 (木)

AGC(2)

IF部の作り変えですが、このような作りで作りました。

If_5

Imgp0629

GAIN=100dbmです。

If_6_2

入力に-130dbmを入れたものです。

この後は、AVRのプログラム次第です。

« AGC | トップページ | AGC(3) »

HF-VHFTRX」カテゴリの記事

コメント

おお?着々と進んでいますね。2SK241が4個あって発振しないのは間にうまく減衰素子(DBMとか)があってアイソレーションされてるからでしょうか?私の8バンダーはタップダウンしてゲインを殺してAGCレンジは拡大しようと4段で使いましたが、AGC特性そのものが、241はあまりよくないので、ちょい忸怩たるものがありますが。

いずれにしても、AVR-AGCが楽しみです。

清水さん、こんばんは。

発振しないのは、おっしゃられるとおり間にDBMやFilが入っているのとAGCの
制御線が無いので回りこみが無いからでしょう。

又、K241のAGC機能は使わないので最適動作点に固定出来るのも強みだと思います。

後は、プログラムですがなかなか大変そうです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1195023/32560076

この記事へのトラックバック一覧です: AGC(2):

« AGC | トップページ | AGC(3) »