« AGC(5) | トップページ | HP3577A »

2009年12月25日 (金)

HP8642A

今年の冬のボーナスで、HP8642Aを入手しました。

ヤフオクで動作品ということで入手しました。

Imgp0656

8657Bと並べた8642Aです。

う~ん。しかし重たいです。8567Bも重たいと思っていましたがそれ以上です。

超低ノイズということですが、劣化が無いか気になるところです。

SPAN=20KHz

Hp8642a_1 8642A

Hp8657b_1 8657B

SPAN=5KHz

Hp8642a_2 8642A

Hp8657b_2 8657B

SPAN=1KHz

Hp8642a_3 8642A

Hp8657b_3 8657B

最初の性能を維持しているのかどうかは、判りませんがかなり低ノイズということは

判ります。

問題は、FANの音が大きいことです。

現有の測定器をFullに稼動すると工事現場に居るようです。

耳に防音グッズが必要のようです。(笑)

« AGC(5) | トップページ | HP3577A »

測定器」カテゴリの記事

コメント

良いものを手に入れたようですね。丁度、私もオークションを見ていました。2台同時にでていた時期のものでしょうか?4.8と5.2というのが記録に残っています。結構安くなっているのですね。SSGもスペアナもどんどん安くなっていくので、これから楽しみです(笑)。

私も8657をTR4171のRBW10Hzモードで見てみましたが、スパン1kHzでは見るに耐えませんね。もともとそのような測定をするためのSSGではないと割り切ったほうがいいようです。

こちらは8B-TRXをつついているうちに、電源回路のカバーをつけたり、2SK410用のリニア用にも使えるように改造を始めました。どんどん、沼の底が深くなっていくようです(大笑)。

清水さん、こんばんは。

>2台同時にでていた時期のものでしょうか?
はい、そうです。少し奮発してみました。
この機種がこの値段で入手出来たのですから結構安くなっています。

先ほどから、あれこれ突付きまわしていますが基本的な動作には問題ないようです。
しかし、かなり使い込まれているようでキーにかなりクセが着いています。
反応しないキーや接触の悪いキーはないようです。
新品の時のお値段は8657Bの約3倍するようです。
スイープ機能も付いていて至れり尽せりです。
レベルも1050MHzで-2dbm以内ですから
当方が使うのには問題ないようです。

>どんどん、沼の底が深くなっていくようです(大笑)。
HiHi、文面からとっても楽しまれている様子がうかがえます。(笑)
最終形がどうなるのか興味津々です。

年末が迫ってきて、掃除に年賀状にと忙しくなりそうです。

JF3DRI西村と申します。いつも、Webとプログと拝読しております。実験/製作記事は測定器を駆使した定量的、そしてメーカーを超える素晴らしいもので、なおかつジャンク品や他の部品の流用等、関心ばかりしております。
本題ですが、当局も最近1040MHz以上が不良であるhp 8657Bを落札しスペアナや受信機に入力して「なんか、近傍の信号純度が悪いなぁ~」と思っていたのですが、やはりそうだったようで少し安心しました。10桁の7セグLEDがずら~っと並ぶルックスは最高なんですが、重い、でかい(奥行きが長い)のは困りもんです。

JF3DRI西村様
こんばんは。

コメントありがとうございます。
WEBとBlogをご覧いただいているようでこちらもありがとうございます。

皆様の自作に少しでも役立てればと思っていますのでこれからもよろしくお願いします。

>近傍の信号純度が悪いなぁ~」と思っていたのですが、やはりそうだったようで少し安心しました。
8657Bでは、信号純度を要求される用途には難しいようです。
HPのマニュアル等でもSGが必要な場合は8642が出てきます。
そんなこんなで今回入手したわけです。
しかし、本来の性能が判らないので今回入手したものがどうかというと判りません。

>10桁の7セグLEDがずら~っと並ぶルックスは最高なんですが、重い、でかい(奥行きが長い)のは困りもんです。
当方の作業部屋は狭いのでこれが一番困り者です。
この度は、なんとか収めましたがもう限界です。(笑)


JF3DRI西村さん

jr1pwzです。
参考までに教えてください。

>「なんか、近傍の信号純度が悪いなぁ~」と思っていたのですが

とありますが、どのような場合でそのようにお感じになったのでしょうか?

JA4LAO伊藤さん、JR1PWZ清水さんリプライありがとうございます。

>8657Bでは、信号純度を要求される用途には難しいようです。

使い分けするようになっているんですね。スペックを見ていると
0.1 to 130 MHz < -124 dBc/Hz (< -130 dBc/Hz, typical)
130 to 260 MHz < -136 dBc/Hz (< -140 dBc/Hz, typical)
との表記があったので良ものと思ってました。
(上記のスペックは@20KHz Offsetてした。)

清水さん、貴局のWebも更新されるのを楽しみにいつも拝読しております。
ピュリティが悪いのを感じたのは、まず手持ちのR3261Cで測定してみた
事からです。弊ブログに少し記事を載せています。
http://jf3dri.tea-nifty.com/blog/2009/12/hp-8557b-2075.html
このときはRBW=100Hzで見ていますが、後で3261最小である30Hzまで
絞ってみると、LAOさんのスペクラムとほぼ同一となりました。

また、実際に強い信号をIC-756にほぉりこんで見て、500Hzの帯域で
受信し、サイドの状態を聞いてみたところ、単純な水晶発振器と
比較して相当広がりがあることも確認しました。
http://jf3dri.tea-nifty.com/blog/2009/12/ic-756-eab4.html

真空管式のリニアアンプはいろいろと触っていますが、受信機を
1から製作する技量は、まだまだありません。お二方の記事を
見ているとメーカー製は自作では超えられないと思っていた概念
が覆り、「すばらしい ! 」の一言であります

西村さん

jr1pwz/しみずです。

>また、実際に強い信号をIC-756にほぉりこんで見て、500Hzの帯域で
受信し、サイドの状態を聞いてみたところ、単純な水晶発振器と
比較して相当広がりがあることも確認しました。

了解です。この方法だと、IC756のフロントエンドが飽和して非線形にならない領域ではそういった理解ができると思います。実際、8657をローカルに使って問題になるのは、サイドバンドノイズの広がりが、IFに落ちてくるときです。特に、アップジョンバージョンだと、ローバンド受信時はローカル周波数からローバンド周波数だけ離れたフェーズノイズをもろに受信します。これは、けっこうすさまじいですよ。感度劣化になります。ただし、近傍雑音は8657をローカルに使ってもさすがにSSB帯域でも50-60dB以上は復調時S/Nが取れますから、通常は不感でしょう。例えばアナログVFOなんて、8657より悪い例だってざらにありますよ。これでも普通はノイズっぽいとは感じないと思います。いわんや、フリーランのSSGなんて、同じようなものです。こちらを参照してください。
http://homepage3.nifty.com/jr1pwz/ham/hf-50mhz-dds-trx/local/cn1.htm


>メーカー製は自作では超えられないと思っていた概念
が覆り、「すばらしい ! 」の一言であります

ほめの言葉をありがとうございます。でも、私はメーカーを超えようとやってるわけじゃないんです。メーカーのエンジニアが金に糸目をつけずにやったら、叶うはずがありません。何事も経済原則の許す範囲(要はお客がつく範囲)で特性追求しているのですから、その努力はすばらしいものだと思います。アマチュアの太刀打ちできる相手じゃありません(のはず)。

一方、アマチュアは、なんでもありですから、比較してもまったく意味ないでしょう。H-modeミクサーを使えば、メーカー機よりいい特性を簡単にたたき出せます。なんなら8873×4とか流行のロシアントライオード×4でDBMを作ったら、IIPが60dBmなんて楽勝じゃないですか?感度が出るか分かりませんが(大笑)。

とは言ってもアマチュアだって、無制限にリソース投入ができるはずもないので、「できるところで特性を取ったら、こんなものだった」ということじゃないですか?実はそれで、十分面白いのですけど。

皆さん、こんばんは。

西村さん
>お二方の記事を
見ているとメーカー製は自作では超えられないと思っていた概念
が覆り、「すばらしい ! 」の一言であります
このあたりのことは、清水さんが書かれているとおりでして、NFBAMPでIIP3が+50dbmだと言っても続く部分でそれを生かせるかというとかなり難しい部分があります。
まとめてシステムとして作り上げるということになると太刀打ち出来る物ではありません。
しかしアマチュアの世界はなんでもありですから、楽しくやっていますので大脱線記事をご期待ください。(笑)

ワタシも某家電メーカ勤務なので、部材の供給/コスト/性能を天秤に掛け
なければならないことは承知しております。「1台だけ性能の良い物を作る
のは簡単。数万台全ておなじ特性を持つもの作るのが難しいんや」が技術者
の言葉でした。

過去に超スーパーローカルが存在し、アンテナを向け合いし相手が送信
すると同軸に接続した豆電球が点灯しました。(キロワット局)
ホントウのハナシです。こうなると、受信機のIIP3のウンヌンではなく、
バンドを変えてさっさとあきらめるしかなかったです。更に、アンテナを
サイドに向けても相手の送信機に起因する広帯域ノイズが酷く、防ぎようが
ありませんでした。トップアンプやミキサーに大電力を食わせて仮に高いIIP
を実現したとしても、それがどんな意味を持つか・・・疑問を持つことも
あります・・・。また、超ローカル防衛といかなくとも、ALL JA CONTEST
の7MHz帯のようにキロワット局が乱立する中で、実際に運用してどれほど
違い/効果がでるか、いわゆるフィールドテストがてら比較をやってみた
いです。

#CDMAやOFDMの送信機で常識となっているプリデストーション回路、
 受信側もこの考え使えないかしら?

JF3DRI 西村さん

こんばんは。
>ワタシも某家電メーカ勤務なので、
そうでしたか。当方のように某食品メーカーに勤めているものより良くお判りのようですね。失礼しました。

>ALL JA CONTESTの7MHz帯のようにキロワット局が乱立する中で、実際に運用してどれほど違い/効果がでるか、いわゆるフィールドテストがてら比較をやってみたいです。

たしかに、こういう環境で自作した機器がどのくらいのものか試してみたいです。

>プリデストーション回路、受信側もこの考え使えないかしら?
このブリデストーション回路というのはどういうものでしょうか、初耳です。
上手く応用出来るものなら使ってみたいものです。

JF3DRI西村です。
表題のSSGからはずれてしまい申し訳ございません。

>当方のように某食品メーカーに勤めているものより・・・

え、そうなんですか。略歴等拝見させていただいた限りでは、
てっきり無線関係のお仕事に従事されていらっしゃったものと
思っていました。

プリディストーションに関しては、私も専門家じゃないのに
軽々しく発言してしまいました。JRCや東芝の文献によると

「プリディストーションとは,増幅器が発生する歪を予測
して,リニアライザ回路で増幅器の入力信号を増幅器の歪と
同振幅・逆位相に意図的に歪ませて,増幅器で発生した歪
をキャンセルする手法」

となっており、信号をわざと歪ませて、歪特性の判っている
アンプに入れることで歪をなくす回路であることがなんとなく
わかります。地デジのOFDM波は5617本ものキャリアを持って
おり、高IM特性が必要なのは容易に理解でき、この回路を使う
ことでIMD = -50dBmを実現するそうです。

http://www.toshiba.co.jp/tech/review/2004/02/59_02pdf/a08.pdf
http://www.jrc.co.jp/jp/company/html/review51/pdf/JRCreview51_09.pdf

出力が大きくなるとジャンジャン電流を流すA級アンプだと
消費電力や発熱対策が大変となるので、こんな回路が出てき
たのでしょうね。
今年のハムフェアにおいて某アマチュア用のリニアアンプ製造
メーカーはこの回路を組み込んだものを参考出品していたよう
です。

で、受信側への応用を知識の乏しいアタマで考えてみましたが・・・
どんな信号が入ってくるか不定なので、ダメですね。
(使えるのなら既にやってますよね)

JF3DRI西村さん。

>てっきり無線関係のお仕事に従事されていらっしゃったものと思っていました。
う~ん。本当はそのような仕事がしたかったのですが、なぜか畑違いに身を置いてそのままずるずるです。

プリディストーションに関する情報ありがとうございます。
紹介していただいた資料で、おおまかなところは判ったのですがこれを自作の中に組み込んでいくとなると・・・
しかし、どんどん新しいものが出てくるので少し「情報収集」を怠っていると今浦島状態です。(笑)

こちらを見るのをサボってるうちに、話題が進んでしまいましたね(笑)。

ひとこと書き忘れたことを付け加えておきます。8657の名誉のために(さらに笑)。このSSGのことをぼろくそに書きましたが、実が、SSBの評価をするのに不適かというとぜんぜんそんなことはありません。もし、この信号を受信してにごって聞こえるようだと、SSGか受信側の特性が劣化している可能性が高いです。少なくとも、私のアップコンバージョン機では(他のVXO機でも同様)問題なく聞こえます。

ですから、私達(=LAOさんも含まれますよ!(大笑))みたいに、高精度スペアナで見てうんぬんかんぬん言ってるカワリモノ以外は問題視しないということです。メーカー製の機械でも8657より悪いやつはたくさんありますし。。。。。。

おはようございます。

>8657の名誉のために(さらに笑)。
Hi そのとおりです。happy01
普通に考えれば高級なSSGだと思います。

>ですから、私達(=LAOさんも含まれますよ!(大笑))みたいに、高精度スペアナで
う~ん。耳(目)が痛いです(笑)
でも、これは趣味の世界ですからお許しを(笑)

今、外は雪が降っています。
外の掃除は、あきらめて家にこもります。
明日は、雪の正月になりそうです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1195023/32735567

この記事へのトラックバック一覧です: HP8642A:

« AGC(5) | トップページ | HP3577A »