« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月の7件の記事

2010年5月30日 (日)

MACRO

性懲りも無く、又JUNKレンズを入手してしまいました。

自作品コンテストの2次審査に向けて資料を整備しなければいけないところですが、新しい

おもちゃが来ればさわりたくなるのが人情です。happy01

今回入手したのは、「MINOLTA MACRO ROKKOR-QF 1:3.5 f=50mm」(左)

と「MINOLTA for MC MACRO F3.5 f=50mm」(右)というものです。

Dsc01450_2

右の方は、アダプターでレンズを逆さまに取り付けるものです。

このレンズを逆さまに取り付けることでMACROの倍率が上がります。

手持ちの「f=50mm F1.8」というレンズを付けています。

で、写りはといえば

Dsc01441_2

Dsc01444_2

上の写真が、MACRO専用レンズで下がレンズを逆さまに付けたものです。

倍率は上がりますが、暗くなります。(撮影条件は同じです)

取りあえずは、写しまくって腕をみがきましょう。

いくら写しても現像代がかからないので質より量です。(笑)

2010年5月28日 (金)

第一次審査合格

今日、JARLから「自作品コンテストの第一次審査に合格しました」。

という通知が届きました。

取り合えず、一安心です。

今度は、6月14日までに本体を送らなければいけません。

しかし、回路図は途中、操作マニュアルも途中で投げてあります。wobbly

悪いクセで完成すると途端に熱が冷めてしまいすぐ次のことに移ってしまいます。

ねじりハチマキで頑張らなくては!

2010年5月24日 (月)

レンズ遊び(3)

中玉のカビ取りに挑戦です。

Dsc01176_2

分解中の状況です。ズームレンズは難しい作りになっています。

どうにか全部分解してカビ取りには成功したのですが、元に戻すことが完全には出来ませんでした。

近いところではピントが合うのですが、遠方が合いません。もう一度バラしてみる気にならないので

最初の予定通りマウント取りにします。

近いところの写りは

Dsc01192_3

Dsc01192_2

こんな感じでカビが無くなった分少しはクッキリと写るかなといった感じですが、組み立てる

ときにレンズの位置がずれたのか今ひとつシャキッとしません。

ということで、さっさと見切りをつけてマウントを取り、入手してあったものに付けました。

Dsc01243_2

Dsc01244_2

元のマウントの上に付けているので、やはり無限は出ません。

Dsc01230_2

このレンズで撮ったものです。

きれいに撮れています。昔のレンズは捨てがたい味があります。

2010年5月22日 (土)

レンズ遊び(2)

もう少し、レンズ遊びです。

今日も、ハード○フで、JUNKレンズを入手してきました。

Dsc01147_2

MINOLTA ZOOM xi AF100-300です。

Dsc01135_2

こんなものです。

確認してみると、前玉・後玉は結構きれいですが中玉にカビがびっしりあります。

このくらいのカビだと、どのくらい写りに影響するのか確かめてみようとカメラに取り付けて

みるとAF動作がダメです。おいおい説明には書いてないよなと思いながらもマウントが目的

なのでいいかと思い、バラすことにしました。

で、バラしていくと

Dsc01129_3_2

赤丸のところがどうも変です。

ここは、レンズ部分とマウント部分の結合部のようで接続部分を合わせてゴムパッキンで

押さえているだけのようです。

そのゴムパッキンがずれています。

後がくっきりついていて、動いた形跡がないので製造段階からこうだったのかもしれません。

最初はゴムの厚みがあったので接触不良は無かったのがゴムがだんだん変形してきて

押さえる力が弱まり接触不良になり、AF動作が不良になったのではと推測されます。

ということで一旦この押さえゴムを元に戻して再度組み立ててみました。

その結果、AF動作もOKになりました。

使えるようになると又、バラすのが惜しくなります。

で、写りを確認してみると

Dsc01140_2

Dsc01140_3

やはり、カビの影響でぼやけています。

中玉のカビ取りに挑戦してみることにします。

2010年5月19日 (水)

レンズ遊び

最近はすっかりカメラ遊びに時間が行っています。

今日は、近くのハード○フでJUNKのレンズを2本仕入れてきました。

Dsc00956_2

ミノルタ AF75-300

Dsc00959_2

ミノルタ MC ZOOM ROKKOR 100mm-200mm

の2本です。

AF75-300はレンズにカビあり、ZOOM ROKKORはホコリありというもので

お安く仕入れてきました。

何をするかというと、MCマウントを外してαマウントを付けてみようというものです。

しかしその前に、どうせならということでカビ取りの練習もしてみようと思いました。

AF75-300の前玉の内側にびっしりとカビが生えています。

Dsc00940_2

前玉を外して内側のカビの状況です。

これを、中性洗剤とぬるま湯で洗ってみたところ綺麗に取れました。

Dsc00941_2

レンズ内に戻したところです。綺麗になりました。

後玉にも内側にカビがあります。

Dsc00933_2

後玉を外して内側のカビの状況です。

こちらも中性洗剤で洗い流して綺麗になりました。

Dsc00934_2

綺麗になったところで、試し取りです。

Dsc00942_2

Dsc00942_3

上の2枚は、清掃前に撮ったものです。

Dsc00949_2

Dsc00949_3

清掃後です。明るくクッキリ写るようになりました。

こうなると、マウントを取ってしまうのが惜しくなります。

MC ZOOM ROOKORの方も写りは悪くないので、当面このまま使ってみます。

意外と簡単に出来ましたが、あくまで自己責任です。

2010年5月14日 (金)

マウント

最近はデジイチ遊びに時間を取られて半田鏝遊びがおろそかになっています。

しかし、子供と一緒で新しいおもちゃが来れば遊びたくなるのが人情です。(笑)

そんな中、我家にはまだ古い一眼レフカメラがあったことを思い出して探したところ出てきました。

Dscf0009

そのカメラに付いていたレンズです。

55mm 1.8

135mm 3.5

の2本です。

レンズにはカビも無くとても綺麗な状態です。

これは活用しない手はないと、マウントアダプタなるものを入手してみました。

Dscf0007

こういうものです。

これは、補正レンズ無しタイプで無限は撮れないがマクロ的に使えるよと言う物です。

Dscf0003

早速取り付けてみました。

Dsc00765_2_2

55mmでの作例です。

Dsc00683_2

135mmで撮ったものです。

十分使えそうです。

いろいろ遊ぶ物が増えて大変です。(笑)

TRXの方は、AD604IFをカスタマイズしようと思って行き詰まっています。

ここらへんの経緯は、そのうちに。

2010年5月 4日 (火)

デジイチ沼

マクロの次は望遠だ・・とばかりに次のレンズをゲットしてしまいました。

Dsc00403_2

入手したのは、シグマの古いズームレンズで「70-300mm DL macro」というレンズです。

少しカビがあるというJUNK品で送料+振込み手数料のほうが高い?というものです。

動作的には問題ないのですが、幾分AF動作が重いようで本体にあまり負荷をかけてもいけないので

MF専門で使うことにしました。

カビの方はごくはずかでしたので写りに影響はないようです。

Dsc00386_2

付属のマクロ機能を使って撮ったものです。1mちょっとの距離からです。

しかし、この状況ではいくら手振れ防止機能があっても三脚を使わないと無理なようです。

ここらもWEB上でいろいろ情報を収集していてもやはり実際自分で体験してみないと判りません。

Dsc00361_2

こちらは、80mmのマクロ機能を使って20cmくらいの距離から撮ったものです。

マクロ専用のレンズで撮ったらどうなるのだろう・・

こんな事から、デジイチ沼の深みにはまっていくのでしょうか・・

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »