« レンズ遊び | トップページ | レンズ遊び(3) »

2010年5月22日 (土)

レンズ遊び(2)

もう少し、レンズ遊びです。

今日も、ハード○フで、JUNKレンズを入手してきました。

Dsc01147_2

MINOLTA ZOOM xi AF100-300です。

Dsc01135_2

こんなものです。

確認してみると、前玉・後玉は結構きれいですが中玉にカビがびっしりあります。

このくらいのカビだと、どのくらい写りに影響するのか確かめてみようとカメラに取り付けて

みるとAF動作がダメです。おいおい説明には書いてないよなと思いながらもマウントが目的

なのでいいかと思い、バラすことにしました。

で、バラしていくと

Dsc01129_3_2

赤丸のところがどうも変です。

ここは、レンズ部分とマウント部分の結合部のようで接続部分を合わせてゴムパッキンで

押さえているだけのようです。

そのゴムパッキンがずれています。

後がくっきりついていて、動いた形跡がないので製造段階からこうだったのかもしれません。

最初はゴムの厚みがあったので接触不良は無かったのがゴムがだんだん変形してきて

押さえる力が弱まり接触不良になり、AF動作が不良になったのではと推測されます。

ということで一旦この押さえゴムを元に戻して再度組み立ててみました。

その結果、AF動作もOKになりました。

使えるようになると又、バラすのが惜しくなります。

で、写りを確認してみると

Dsc01140_2

Dsc01140_3

やはり、カビの影響でぼやけています。

中玉のカビ取りに挑戦してみることにします。

« レンズ遊び | トップページ | レンズ遊び(3) »

カメラ」カテゴリの記事

コメント

なんだか、本格的になってきましたね。レンズの分解って、まともにできるのが不思議です。私の場合、怖くて、とてもバラす勇気が起きません。でも、記事をみると、意外なことに、なんとかレンズにアクセスできるのですね。これは驚きです。

無線機いじりのほうは、そろそろALCにも飽きてきました。どうもRF処理はなかなかスカッといかず、決定打になりません。AFのAGCも併用しようかなぁ。LAOさんのAGCアンプをぱくらせて戴こうかしら?(笑)

>怖くて、とてもバラす勇気が起きません。
高いレンズでしたら当然です。今回のはJUNKですから遠慮なくいじれました。
前玉、後玉は結構出来そうな感じです。
この遊びも結構はまりそうです。

AD604は、組みこんで受信してみましたが、どうも受信音がひずみます。
原因調査中ですが、どうもあやしいのはPBT用のVXOです。とりあえずは、外部から信号を突っ込んでみます。これでひずまなくなれば当たりということになります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1195023/34824312

この記事へのトラックバック一覧です: レンズ遊び(2):

« レンズ遊び | トップページ | レンズ遊び(3) »