« 最悪の展開 | トップページ | PoAMP »

2010年6月28日 (月)

復旧

今日は、山口県地方は午後からかなり強い雨になりました。

そんな中、庭では夏を感じさせる移ろいがありました。

Dsc01966_2

Dsc01973_2

朝顔とノウゼンカズラです。

梅雨空のうっとうしい雰囲気を少し緩和してくれます。

------------

そんな中

今日の休みは、一日中パソコンの復旧に時間を取られてしまいました。

失われたデータ以外の環境はかなり復旧しました。

買ってきた160GBのHDDにXPをインストールしてSP3までUPして、OFFICE関係や回路図エディタ等をインストールし

SATAのHDD(160GB)をスレーブにして認識させました。

このSATAのHDDは、単独で使わないといけないようなので

プライマリのマスタに、IDEHDD スレーブにCD-RW

セカンダリのマスタにSATAHDDの構成で上手くいきました。

Dsc01950_2

SATAHDDに変換ボードを取り付けたところです。

その後、同期ソフトを探してきてインストールしてみました。

http://hp.vector.co.jp/authors/VA035160/Freesoft/Contents/soft-page006.htm

SyncSyncというソフトです。カンパソフトになっています。

少し使ってみた感じでは、自動で同期するのではなく手動でするような感じです。

30日間試用期間とありましたので、とりあえず使ってみていいようだったらカンパする

ことにします。(USBメモリのファイルと同期するようにしました)

出来たら、自動的に同期してくれるほうがいいので他も探してみます。

普段の更新頻度の高いファイルは、同期ソフトでBACKUPしてその他は一定期間ごとに

増設したHDDにBACKUPを取るようにします。

また、HPにUPしてあったデータもすべてDLしました。

« 最悪の展開 | トップページ | PoAMP »

パソコン」カテゴリの記事

コメント

パソコン復旧作業、ご苦労様です。私の場合、全データ・プログラム合わせても50GBくらいしかないので、まだまだバックアップは大変ではないのですが、PCの速度、HDDのアクセス速度が上がっていかないと、そうそう簡単にバックアップもしなくなりますよね。しかし、もうこうなると、バックアップが面倒なので、自動バックアップかRAIDがいいのかもと思い始めました。

自作の方はAVR+DDS+PLL遊びをやっています。アナデバADF411Xが動くようになりました。こいつはTSSOPなので0.65mmピッチで手半田+エクステンション基板の配線は難物ですが、一回シリアルに慣れると、もう、パラレルの面倒な配線がイヤになってしまいました。人間というのは勝手なものですね(笑)。

>自動バックアップかRAIDがいいのかもと思い始めました。
この自動というのがいいですよね。
手動だと、喉もと過ぎれば熱さを忘れるではないですが、すぐに忘れそうです。

>アナデバADF411Xが動くようになりました。
このADF411Xは使い勝手がいいです。AVRも20Pinでは無く8Pinのものあたりで作ると、かなりコンパクトに作れそうです。


>パラレルの面倒な配線がイヤになってしまいました。人間というのは勝手なものですね(笑)。
いや~、そのとおりです。
楽なほうへ楽なほうへ流れていきます。(笑)

パソコンの復旧作業も一段落したので自作に戻ります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1195023/35554009

この記事へのトラックバック一覧です: 復旧:

« 最悪の展開 | トップページ | PoAMP »