« PoAMP(2) | トップページ | 復旧 »

2010年6月25日 (金)

最悪の展開

まったく最悪の展開です。

HDを容量の大きい物に交換しようと160GBを買ってきたのはいいが、間違えてSATAを買ってきてしまいました。

しかたないので、IDE-SATAの変換パーツを入手して、入手したXPをインストールしようとすると途中でフリーズしてしまいます。

そこでインストールを確認するために、前のHD(IDE)を付けてデータをUSBメモリに移してXPをインストールすると問題無くインストール出来ました。

やはり相性が悪いのだろうと思い、改めてIDEのHDを買ってこなければいけないなと思って作業を中断しました。

必要があってUSBメモリからデータを出そうと思って接続すると認識はしますがアクセス出来ません。

原因不明ですが、壊れたようです。

泣きっ面に蜂とは、まったくこのことです。

残ったのは、アップロードしているHPのデータだけです。

« PoAMP(2) | トップページ | 復旧 »

パソコン」カテゴリの記事

コメント

あれぇー、思わず言葉を失います。大変なことになってしまいましたね。かくなるうえは、FTPソフトでWEBからダウンロードを敢行するのでしょうか?しかし、失ったデータは多そうですね。去年バックアップされたデータは生きているのでしょうか?それなら、まだ、少しは気が休まりますね。

私の場合、IDEの二機は完全に逝かれる前にスレーブ接続でピックアップできたので、あまり気にしていませんでしたが、こまめに差分バックアップしようと思います。

RAIDを組むか、イメージバックアップを定期的にするソフトもあまり高くないようなので、導入しようか考え始めました。

>去年バックアップされたデータは生きているのでしょうか?
残念ながら、これも喪失しました。

残っているのは2007年のデータです。
ほとんど意味が無い感じです。(涙)

取りあえず、今日IDE(160G)を入手してきてXPをインストールして、なんとか使えるようになって今書いています。

これから先、うんざりするほどの作業が待っています。

不要になったSATAのHDは、スレーブだと認識するようなのでデータ(BACKUP)用としてでも使うかなとも思っています。

当分自作どころではありません。(涙)

BACKUP体制をどうするか、悩ましい問題です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1195023/35493514

この記事へのトラックバック一覧です: 最悪の展開:

« PoAMP(2) | トップページ | 復旧 »