« 手振れ補正 第2弾 | トップページ | 紅葉 »

2010年11月 5日 (金)

激安マクロ

WEBで情報収集していると、あちこちでズームレンズの前玉を取ってマクロレンズにするという記事を目にしました。

元は「海野和男」さんのこの記事のようです。

そこで試してみたくなりハードオフに行ってみたところちょうど手ごろな物がありました。

Dsc05293_1

TAMRON ASPHERICAL 29-80mm です。

リアキャップ付きで525円でした。(リアキャップが付いていた分儲けた気分です。)happy01

しかし、ハードオフの値段シールはべっとりくっついていてきれいに取れません。

いくらJUNKの安物といってもこれではあんまりです。(ハードオフさん、どうにかして~)

このレンズは、上部のレンズの縁にあるゴム輪が取れます。

Dsc05294_1

ゴム輪を取るとレンズと本体がテープで止めてあります。

このテープを取ってレンズをひねると、簡単にレンズと本体が分かれます。

Dsc05295_1

さっそく、この状態でカメラに取り付けて試し撮りです。

Dsc05305_1_1

少し光が回り込みます。

Dsc05331_1

そこで、厚紙で少し口径を絞ってみたところ問題なくなりました。

Dsc05298_1_1_2 

28mm側(倍率1.5くらいです)

Dsc05302_1_1

こちらは、MINOLTA 100mm F2.8 MACROの1.5倍

う~ん。あまり変わらない。

Dsc05337_1

80mm側です。(たぶん倍率は1以上・・)

Dsc05313_1

こちらが、MINOLTA MACROの1:1ですからそれ以上ということになります。

少し暗く写りますが問題ありません。

Dsc05327_1 28mm側

Dsc05330_1  80mm側

なんだか、面白い写真がとれそうです。

« 手振れ補正 第2弾 | トップページ | 紅葉 »

カメラ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1195023/37542539

この記事へのトラックバック一覧です: 激安マクロ:

« 手振れ補正 第2弾 | トップページ | 紅葉 »