« α900(3) | トップページ | NIKKOR 80-200mm ズームレンズ »

2011年2月 9日 (水)

ピント

α900のピント問題ですが、どうも自分自身に問題ありそうな感じになってきました。

(その日の体調(目の状態)によって合ったり合わなかったり・・・)

SONYへのピント調整修理依頼は少し延期してピントと格闘してみることにします。

今日は結構ピンがきて撮影できました。

Dsc06200_1

庭の草にたまった昨夜の雨露です。(トリミングしています)

MINOLTA 100mm MACRO

Dsc06208_1

枯れた紅葉の木の切り株に生えたキノコです。

MINOLTA 100mm MACRO

元画像です。

かなり大きな画像ですので気をつけてください。(約15M)

やはり24Mピクセルの画像はすばらしいです。

NIKON 85mm F1.8で撮った画像です。

Dsc06241_1

さびたネジにピントがあっています。

もう少し場数を踏んでからの判断になります。

« α900(3) | トップページ | NIKKOR 80-200mm ズームレンズ »

カメラ」カテゴリの記事

コメント

なるほど、機器の精度以外に当然ながら人間様の精度も高めないといけないのですね。なかなか深い世界で、今やってる自作の世界と似たところがありますね。

D7000が一時期91000円を切ったようですが、またちょっと反発しています。思ったより値オチが早いようです。市場の「風評」は落ち着いてきて、切れのある絵の例も見えてきたので、売れ始めたからでしょう。この調子だと9万円を切るのは近そうで、まぁ今度のボーナスシーズンまで待てば、製造精度も上がると、首を長くして待っています。

>人間様の精度も高めないといけないのですね。なかなか深い世界で、今やってる自作の世界と似たところがありますね。
これが、なかなか大変です。
今は、まず撮り始める前に視度調整を必ずするようにしました。

手持ちのAFレンズで撮るとかなりピンがきますが最後の1%くらい不満があります。
MFで撮るとピンがくるのはマレですが、きたときの写りには感動します。

1本ん十万円のレンズを使えばAFで問題ないのかもしれませんが、とても買えないのでせっせと腕をみがくしかありません。

今は、デジタルで撮り直しがいくらでもきくのでいいのですが、昔のフィルム時代は、金持ちの道楽でないととても出来なかったのだろうなとつくづく思います。

>D7000が一時期91000円を切ったようですが、またちょっと反発しています。
>まぁ今度のボーナスシーズンまで待てば、製造精度も上がると、首を長くして待っています。
いよいよですね。
あちこちで記事をみていますが、やはりいいカメラのようですね。
SONYもα700の後継機が今年中には出るようですし、ドンドン競争が激化して良いカメラがよりリーズナブルな価格で入手できるようになればいいのでしょうが先立つものが・・・

です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1195023/38805439

この記事へのトラックバック一覧です: ピント:

« α900(3) | トップページ | NIKKOR 80-200mm ズームレンズ »