« TRX 復活大作戦 | トップページ | TRX復活大作戦③ »

2012年3月18日 (日)

TRX 復活大作戦②

当時のTRXは、プリMIXタイプでLOを構成していました。

VFOの確認が出来たので、X’talを使ったOSCとMIXしてLOを作ってみました。

Imgp0404

IF周波数は「11.2735MHz」なので

3.5M用は X’tal(9.5MHz)+VFO(5.2735MHz)=14.7735MHz

  7M用      13MHz                   18.2735MHz

  21M用      27MHz                   32.2735MHz

 28M用    34.8MHz                  40.0735MHz

という組み合わせになります。

3.5M用

Vfo_gazou13

7M用

Vfo_gazou11

21M用

Vfo_gazou12

どれも、スプリアスピコピコです。

完成した時には、結構スプリアスがあちこちにありましたが、この特性を見ると納得です。

ここは、一から作り直しの様相です。

« TRX 復活大作戦 | トップページ | TRX復活大作戦③ »

TRX復活大作戦」カテゴリの記事

コメント

いやー、そうなんですよ。プリミックスの恐ろしさはこのスプリアス。でも、LAOさんなら伝家の宝刀D○Mフィルタでばっさりでしょうか?

>伝家の宝刀D○Mフィルタでばっさりでしょうか?
それが、そうでもないのです。
D○Mフィルタは、良く切れるのですが低いほうは以前の複同調タイプの方が切れるので今度は、低いほうのスプリアスがピョコピョコです。
水晶発振の方の高調波をもう少し抑えないといけないようです。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1195023/44540460

この記事へのトラックバック一覧です: TRX 復活大作戦②:

« TRX 復活大作戦 | トップページ | TRX復活大作戦③ »