« RF BLOCK③ | トップページ | HP53310A »

2012年4月16日 (月)

POAMP

10W出力のPOAMPの手直しをしました。

Imgp0449

回路図

Poamp

この作業中に貴重な2SC1945を2本飛ばしてしまいました。

原因は、以前作ったSTEPATTで「HIROSE P-AT-6」を使っているのですがATT量を切り替える時に減衰量が一端0になってから希望の減衰量になるようになっていて切り替え時に過大な入力がかかりあわれ飛んでしまいました。

Imgp0450

その後は、手動式のATTを引っ張り出してきて無事手直し完了となりました。

最初は、1945のコレクタ電圧は13.5VでやっていたのですがどうもIMが悪く24Vにしてみたところ上手くいきました。

24Vは、電源としてSW電源で24Vの物がありそのまま使えるメリットもあります。

各BANDの10WPEP出力時のIMです。

スペアナの入力に20dBカップラ+20dbATTを入れています。

3.5M

Adv104

7M

Adv105

21M

Adv106

28M

Adv107   

« RF BLOCK③ | トップページ | HP53310A »

TRX復活大作戦」カテゴリの記事

コメント

おっと、1945で24Vですか。VCEOが40Vの石ですが、確かに10Wならなんとかセーフですね、計算してみると。

1945って今でも手にはいるんでしたっけ?確か50MHzまで使えないので1971/2ほどレア品じゃなかったような記憶がありますが。VCEOがちょっと低いですが、Pcは同じ1969なら4本余っていますが、ご入用ならお送りしますよ。

しかし、最近、スペア用にとってあるTR/FETの消費の目処が立ちません。C1971、VN66AFD、K408/9 K410、K318、K317と盛りだくさんですw。おっとぉ、MRF150も「うなって」います(笑)。でも処分したとたんにNEEDSが出てきそうで手放せません(苦笑)。

>確かに10Wならなんとかセーフですね、計算してみると。
20Vでも問題ないのですが、電源で楽をしたいので手抜きです。

>1945って今でも手にはいるんでしたっけ?
サトーさんで1本840円で出ています。
入手自体は問題ないのでしょうが、今回はすべて手持ち部品でということでやっていますのであまり飛ばすとやっかいなことになります。もう後2本あるのでもう1回は大丈夫ですが(笑)

>処分したとたんにNEEDSが出てきそうで手放せません(苦笑)。
これは、結構経験があるのでうかつに処分できません。
しかし、ストック場所の問題もあるのである程度はどうにかしないと探し出す時間と労力がもったいないということになります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1195023/44901972

この記事へのトラックバック一覧です: POAMP:

« RF BLOCK③ | トップページ | HP53310A »