« 電圧調整 | トップページ | 北海道旅行⑤ »

2012年7月 5日 (木)

AD9850

最近AVRを使ってPCとシリアル通信をしようと実験していましたが、どうも上手くいきません。

いろいろやっているうちに、どうもハード部分の不具合のような気がしてきて作り変えを検討しましたが、それより何にでも使えるテストボードを作ったほうがいいと思い作ってみました。

Dsc_0049

ATmega168を使って、AD変換・RS232C・RE・SW・LED等を使えるようにしました。

動作試験に、以前清水さんと物々交換していただいたAD9850の乗ったDDS基盤を動かしてみました。

Dsc_0050

あっさり動作したのですが、この中華DDS基盤のクロックがひどいということを清水さんから聞いていてので出力信号をスペアナで見てみました。

9850_02

9850_03

こんな感じです。

そこで、ついでとばかりにクロックを手持ちの130.072MHzに付け替えて基盤にまとめてみました。

はずしたついでに、特性を見てみると

9850_07

9850_08

いや~、ひどいもんです。

Dsc_0001

Dsc_0002 

裏側にくっついているのが、TOYOCOMのTCO-222J3というもので131.072MHzを出力するものです。

この特性は

9850_09

9850_10

良い塩梅です。

これを使ったときの10MHz出力です。

9850_04

9850_06

少し良くなりました。

後、電源周りとかグランド周りを強化すればもう少しよくなりかもしれません。

« 電圧調整 | トップページ | 北海道旅行⑤ »

AVR」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: AD9850:

« 電圧調整 | トップページ | 北海道旅行⑤ »