« UHF-TRX 1stIFXF | トップページ | UHF-TRX LO(144M) »

2012年7月25日 (水)

UHF-TRX 1200MLO

ここ3日ばかり1200M用のLOの実験をしていました。

最小は「POS-2120W」を使ったのですが、どうも上手くいかずにさっさと諦めて昔秋月で売っていた「MQC309-1016」というVCOを改造して1230M付近を発振させるようにして使ってみました。

Dsc_0030

すったもんだしたあげく出てきた特性が下記のとおりです。

1230m_500k_3

1230m_50k_3

1230m_5k

1230MHzということを考えるとこんなものかなとも思いますし、もう少し良くならないかなという思いもあります。

自分で作ってみるのもいいのですが、このあたりで使えるQの大きいバリキャップが入手出来そうにありません。

位相ノイズの良い発信機を作ろうとすると部品の調達先を探さなければいけません。

« UHF-TRX 1stIFXF | トップページ | UHF-TRX LO(144M) »

UHF-TRX」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1195023/46457545

この記事へのトラックバック一覧です: UHF-TRX 1200MLO:

« UHF-TRX 1stIFXF | トップページ | UHF-TRX LO(144M) »