« TA7124P | トップページ | UHFTRX IF(2) »

2012年9月13日 (木)

UHFTRX IF(FM)

SSB用のIFは後回しにして、FM用のIFから手を付けることにしました。

何を使おうかと手持ちのデバイスをあたってみたところ、TA7302P+TA7303Pの組み合わせとMC3357がありました。

まずTA7302P+TA7303Pの組み合わせを実験してみました。

Imgp0043

周波数は10.7MHzです。

第一IFを64MHz、第二IFを10.7MHzにする構想です。

TA7302P+TA7303Pの組み合わせは、かなり古いICでワイドFM用のようです。

Ta7302_01 ±300KHz

Ta7302_02  ±200KHz

Ta7302_03  ±100KHz

Ta7302_04  ±10KHz

ナローFMの帯域では、かなり出力が小さくなってしまいました。

これは、使えないということでMC3357Pを実験してみました。

Imgp0047

Mc3357_02 ±20KHz

Mc3357_03  ±10KHz

Mc3357_04 ±5KHz

Mc3357_05  ±3.75KHz

こちらは、ナローFM用ということですので何も問題なく使えそうです。

 

« TA7124P | トップページ | UHFTRX IF(2) »

UHF-TRX」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1195023/47055485

この記事へのトラックバック一覧です: UHFTRX IF(FM):

« TA7124P | トップページ | UHFTRX IF(2) »