« 2ndLO-MIX-IF | トップページ | 1200MプリAMP »

2012年10月 4日 (木)

BPF

受信機TOPに入れるBPFを作ってみました。

144MHzは、いつものようにDWMさんの設計ツールを使わせていただいて設計しました。

Imgp0082_1

Lは7KTypeに6t、Cは直列が4p、5p、4pで接地する方が20pです。

144mbpf_01

挿入損失は3.5dBです。高い方の減衰が悪いようですが実装の時に対策します。

144mbpf_02

次に430M用ですが、プリント基板にパターンを作って作ってみました。(マキ電気のキャビティをヒントにしました)

各エレメントの大きさは5mm×18mmです。

Cは10Pトリマ+10p固定で、エレメントの端はアースしています。

Imgp0076_1

Imgp0075_1

結合度は銅版を隙間を空けて立てて調整しました。

430mbpf_01

挿入損失は、-2.7dBです。

430mbpf_02

BAND内は3dBの差がありますが、自分が使うところは430-434Mなので問題ありません。

1200M用は、プリント基板をカットするのがめんどくさいのでプリント基板の切れ端を使ってエレメントを作ってみました。

大きさは430M用の時と一緒で5mm×18mmです。

Cには3pのトリマを使っています。何もしないと結合度が弱いので0.5pのCを根元に入れました。

調整していくと、真ん中のトリマが外れてきたのでエレメントを15mmにカットしました。

Imgp0081_1

こういう作り方でも問題なく出来ました。挿入損失は-2.8dBで

1200mbpf_01

1200mbpf_02

1200MのBAND内もフラットな特性になりました。

1200mbpf_03

実際に作る時は、430Mもこの方法にするつもりです。

« 2ndLO-MIX-IF | トップページ | 1200MプリAMP »

UHF-TRX」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1195023/47306942

この記事へのトラックバック一覧です: BPF:

« 2ndLO-MIX-IF | トップページ | 1200MプリAMP »