« UHFTRX FM復調回路 | トップページ | 受信部動作確認 »

2012年11月13日 (火)

ATT

先日(11日)に、清水さんが当シャックを訪問されました。

いろいろ有意義なお話をさせていただきました。

その時に、お土産ということで0-100db(10dB STEP)のATTをいただきました。

今使っているATTの回転軸が硬くなっていて回すのに苦労していたので渡りに舟と早速ケースINしてみました。

Attjpg 今、使っているATT

いただいたATTです。

Dsc_0060_1

今回ケースとして使おうとしているのは、このダイソーのステンレス製のBOOKスタンド2個です。

Img015_2

このままでは、背が低いのでBNC端子が接続出来そうにありません。

そこで、昔ATTを分解した経験からBNC端子をSMA端子に交換することにしました。

外したBNC端子です。

Dsc_0062_1


これをまねて、SMA端子にベロを付けてみました。

Dsc_0064_1

これを2個作り、交換しました。

Dsc_0066_1

問題の性能はというと

Att_01 元のBNC端子の時

Att_02 SMA端子交換

Att_03_6 -50dB

問題ないようです。

Imgp0152_1_2

Imgp0154_1

Imgp0153_1_2

手持ちがあった1dB刻みで10dBのATTと組み合わせて-110dBまで1dBSTEPで変えることが出来るので重宝しそうです。

清水さん、ありがとうございました。










« UHFTRX FM復調回路 | トップページ | 受信部動作確認 »

測定器」カテゴリの記事

コメント

このATTはスペックが良く分からないのですが、1GHzくらいまでは十分使えるなぁと確認していたので、お土産とさせていただきました。

100dBのメモリはありますが、最大減衰量のあたりは少し怪しくなりますので、ご理解のうえご活用なさtってください。

まだ、120dBのHPのロータリーATTも持っていますが、実際は殆どSSGのATTで用が済んでしまっています。外付けATTは漏れに気をつけないと、何を測ってるのか分からなくなるので、注意が要りますよね。

>1GHzくらいまでは十分使えるなぁと確認していたので、お土産とさせていただきました。
了解です。1.5GHzくらいまでは大丈夫なようです。

>最大減衰量のあたりは少し怪しくなりますので、ご理解のうえご活用なさtってください。
確認してみましたが、-70dB近辺で若干外れますがそれ以外は概ね合っています。

>実際は殆どSSGのATTで用が済んでしまっています。
そうなんですが、実験中に結構頻繁にレベルを変更する時があり手元で切り替えられるので重宝します。(SGのATTにもやさしいですしhappy01

>外付けATTは漏れに気をつけないと、何を測ってるのか分からなくなるので、注意が要りますよね。
了解です、ここらは注意します。ありがとうございました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1195023/47827511

この記事へのトラックバック一覧です: ATT:

« UHFTRX FM復調回路 | トップページ | 受信部動作確認 »