« 受信部動作確認 | トップページ | パネルアセンブリ »

2012年11月20日 (火)

送信部確認

FM変調と2ndIFの送信部を少し手直しをして65MHzの出力まで確認しました。

手直ししたところは、FM変調のMICAMPの出力にCR1段のHIPASSフィルタを入れたこととVCOへの接続方法です。

144trx_af_mod

Dsc_0049_1

2ndIFは、MRF559の前に2SC4703の9dBのAMPを入れました。


Uhftrx_2ndlo_2


Dsc_0050_1

ここまでに作ったUNITをすべて繋げて動作確認しているところです。

Dsc_0051_1

裏側(電源関係の配線)も様子です。

UNITと本体は、メンテナンスを考えてすべてコネクタを使って接続しています。

Dsc_0052_1

SSB

AF入力は、1000Hz+1575Hz

-2dbmの出力があります。

64mout_ssb01

FM

変調周波数は1000Hz

-1dbmの出力があります。

64mout_fm01

残りは、POAMPとなりました。





« 受信部動作確認 | トップページ | パネルアセンブリ »

UHF-TRX」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1195023/47910693

この記事へのトラックバック一覧です: 送信部確認:

« 受信部動作確認 | トップページ | パネルアセンブリ »