« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月の5件の記事

2013年1月29日 (火)

POAMP(1)

POAMPをどうするかで悩んできましたが、考えがまとまらないのでとりあえず手を動かすことにしました。

1Wまで出せるAMP用として2SC3817を使おうと思っているのですが、GAINとしては8dbくらいですのでその前の段階で22dbmは最低限必要です。
余裕をもって24dbm出せるものをと思っているのですが、なかなかいいデバイスがありません。出来るだけ手持ちの中でと思っているので、出来たら数のある2SC4703が使えればと思って実験してみました。

その前に、非常用としてオクでSC-1197というPOモジュールを入手してみました。
これはFM用ということですのでそのままでは使えません。
以前どこかで、こういうモジュールを開腹してバイアスを与えられるようにしてリニアアンプに改造する記事を見た覚えがあるので最後の手段として用意しました。
でも、これに手を付けるのは万策尽きたときです。

Dsc09144_1

とりあえず動作確認だけしておきます。
あっさりと、データシート上の動作が確認出来ました。

その後、2SC4703を使ったAMPの実験です。
実験基盤です。
Dsc09157_1

回路図です。
Poamp_1

入出力特性です。
2sc4703poamp_1

周波数特性です。
2sc4703_1

1.296GHzで約10dbのGAINです。
1dbコンプレッションレベルは+24dbmとなり十分使えるものが出来ました。
この前に、uPC1678を使う予定なので1678のゲイン20dbと合わせて30dbとなり、1stIFの出力が0dbm、その後のMIX+BPFで-8dbとするとちょうど22dbmの出力となり2SC3817で1W出せることになります。

このAMPは144Mでは、11db
2sc4703_2

433MHzでは、16db
2sc4703_3

それぞれゲインがあるので、全BANDで使えそうです。

2013年1月24日 (木)

HP3589A

以前から、一度は使ってみたいと思っていたHP3589Aを入手しました。

Dsc09148_1

スペースの関係で3577Aとの入れ替えになります。

作業机に仲間入りした3589Aです。
Dsc09146_1

入手先はオクで、「何をするものか判らない電源確認のみです。」というものです。
やってきたものを見るとそんなに悪くなさそうです。

今回は、クロネコのらくらく家財宅急便というもので来たのですが梱包はヤマトがするという
ことでしたがプチプチシートで包んでその周りにダンボールが巻いてあるというなんともひどいものでした。
これでは、ダンボールの角がつぶれているとか衝撃が加わったかというような判断はできようもありません。

祈るような気持ちで電源ONしたところ無事立ち上がりました。
早速テストしてみました。
入力信号は、Thunderboltの10MHzです。
Dsc_0003
RBW=1.1Hzまで問題ありません。

NARROW BAND ZOOMにしてみました。
Dsc_0009
こちらも問題ありません。

低い方は、10HzからとなっていますのでNF1910から10Hzを入力してみました。
Dsc_0012
問題ありません。

Dsc_0010
150MHzの信号も測定出来ます。(しかし、いくら150MHzまでといっても少しくらい余裕持たせてよと言いたくなります)

自作のTTGから2信号を入力してみました。
Dsc_0013
50MHz 10KHz離れ+10dbm

Dsc_0014
100Hz離れ
見えなくてもいいものまで見えているような・・・

ネットアナ機能はと昔実験した64MHzのXFを引っ張り出してきて
Dsc_0004
大丈夫です。
Dsc_0005
DELAYもOKです。
Dsc_0006
スミスチャートもOKです。
Dsc_0008
位相もOKです。

3577A+35677Aに比べて周波数範囲は少し狭いですが、体積で2/3位になりFANの音は半分くらいになりでスペース・騒音の面でかなり良くなりました。
Sパラの測定は出来なくなりますが、そこは工夫で乗り越えましょう。

2013年1月11日 (金)

KSG4700T

先日入手したSSG「KIKUSUI KSG4700T」ですが、今日これから作る1200M用のPOAMPの実験用にHP8657Bと2台使って2信号を作る確認をしようとしたところ設定値から-15dB低い出力しか出ていません。

いろいろ調べていくと1040M付近で、リレーの音がカチとして出力が下がります。
470001

HP8561EでMAXHOLD機能を使ってみたものです。

でも、確か来た時にざっと調べた時には問題無かった記憶があります。
これは、出力AMPがいかれたかと・・

しかし、減衰量が一定のようなのでリレーの接触不良ではと思いリレーが働くように出力周波数を変化させてみること数十回
見事復活しました!
4700_02

でも、こうなるといずれ又接触不良を起こすのは目に見えています。happy02cryingweep

リレーの交換が必要でしょうが、どのようなリレーを使っているのか確認するためには何十本のネジを外さなければいけないのか憂鬱になります。

でも、取りあえずはおかしくなったら対処方法が判ったのが救いです。

2013年1月 8日 (火)

受信部完成

作ってきたUHFTRXですが、受信部がほぼ出来上がりました。

Dsc_0088

Dsc_0089

Dsc_0090

今回手直しをしたのは
1stIFMIX UNIT
2ndIF UNIT
AFMOD UNIT
Reg UNIT
です。

1stIFMIX UNIT
Dsc_0085

Uhftrx_1stifmix

このUNITの手直し箇所は、DDSと他の回路との間にシールド板を立てたことと
IFUNITからXF(SSB・FM用)を移設したことと
DiSWからリレーに変えたことです。

2ndIF UNIT
Dsc_0084

Uhftrx_2ndif

このUNITの変更点は、XFを取り去って空いたスペースを使ってAGC専用のIFAMPを組み込み、AD603+AD8307を使ってAGC電圧を作り出して2SC1855のIFAMPにAGCを掛けたことです。

AF_MOD UNIT
Dsc_0083

Uhftrx_af_mod

このUNITの手直しは、FMMOD用のPLL回路をTRから2SK544に変更したこととSSB検波回路をSBMからTA7320Pに変更し配置を変更したことです。

Reg(2) UNIT
Dsc_0062

Uhftrx_reg2

このUNITの変更点は、-5Vの容量が足りなくなってきたのでTL497ANを使って-5Vの回路を増設しました。

受信部全体のブロック図です。
Uhftrx_block

UNIT間の結線図です。

Uhftrx_wiring_2

それぞれのBANDに-130dBm(S0に相当)の信号を入力した時の2ndIFの出力です(SSB)。

144M

If144_1

432M

If430_1

1296M

If1200_1

FMの場合は、少し悪くて-110dBm程度の入力まで復調出来ます。

今後は、最後に残っている送信部のPOAMPの製作に取り掛かります。

2013年1月 1日 (火)

あけましておめでとうございます。

あけましておめでとうございます。

本年も「作作自作」をよろしくお願い申し上げます。

雪の元日となりました。
Dsc_0076

Dsc_0077

先ほど、地元の嘉川八幡宮に初詣に行ってきました。
今年の運勢は
Dsc_0079
こいつは、春から縁起がいいわいです。happy01happy01happy01

初日の出は、雲に隠れて見れなかったのですがお宮の鳥居ごしに初日を1枚
Dsc_0081

帰ってきてから、童心に返ってゆきうさぎを作りました。
Dsc_0082

今年も、自作にカメラにお付き合いの程お願いいたします。

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »