« あけましておめでとうございます。 | トップページ | KSG4700T »

2013年1月 8日 (火)

受信部完成

作ってきたUHFTRXですが、受信部がほぼ出来上がりました。

Dsc_0088

Dsc_0089

Dsc_0090

今回手直しをしたのは
1stIFMIX UNIT
2ndIF UNIT
AFMOD UNIT
Reg UNIT
です。

1stIFMIX UNIT
Dsc_0085

Uhftrx_1stifmix

このUNITの手直し箇所は、DDSと他の回路との間にシールド板を立てたことと
IFUNITからXF(SSB・FM用)を移設したことと
DiSWからリレーに変えたことです。

2ndIF UNIT
Dsc_0084

Uhftrx_2ndif

このUNITの変更点は、XFを取り去って空いたスペースを使ってAGC専用のIFAMPを組み込み、AD603+AD8307を使ってAGC電圧を作り出して2SC1855のIFAMPにAGCを掛けたことです。

AF_MOD UNIT
Dsc_0083

Uhftrx_af_mod

このUNITの手直しは、FMMOD用のPLL回路をTRから2SK544に変更したこととSSB検波回路をSBMからTA7320Pに変更し配置を変更したことです。

Reg(2) UNIT
Dsc_0062

Uhftrx_reg2

このUNITの変更点は、-5Vの容量が足りなくなってきたのでTL497ANを使って-5Vの回路を増設しました。

受信部全体のブロック図です。
Uhftrx_block

UNIT間の結線図です。

Uhftrx_wiring_2

それぞれのBANDに-130dBm(S0に相当)の信号を入力した時の2ndIFの出力です(SSB)。

144M

If144_1

432M

If430_1

1296M

If1200_1

FMの場合は、少し悪くて-110dBm程度の入力まで復調出来ます。

今後は、最後に残っている送信部のPOAMPの製作に取り掛かります。

« あけましておめでとうございます。 | トップページ | KSG4700T »

UHF-TRX」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1195023/48651887

この記事へのトラックバック一覧です: 受信部完成:

« あけましておめでとうございます。 | トップページ | KSG4700T »