« ブレーカーが落ちた | トップページ | ご臨終 »

2013年2月28日 (木)

POAMP(5)

最近は、いろいろあってなかなか進みません。

今日、やっとこの前作ったPOAMPの繋ぐMIX+AMPが出来ました。
結構スプリアスで苦しみました。

この前作ったPOAMPは、それぞれのBANDで144M(35dB)、430M(35dB)、1200M(40dB)のGAINがあるので
ここでの出力は144M(-5dBm)、430M(-5dBm)、1200M(-10dBm)あればよいことになりますが、少し余裕を持たせてそれぞれ5dBmほど大きい出力を目標にします。

Imgp0314_1
出来上がったUNITです。
上側の大きなシールドBOXは430M用のBPFです。
その右横の上の列が144M部分です。

その下の真ん中の列が430M用部分で、下側はすべて1200M用部分です。

まずは144Mです。
構成は
65MIFIN-MIX-AMP(2SC3778)-BPFの構成です。
最初は
144out_10
LO(79M)-IF(65M)=14Mのスプリアスが取りきれませんでした。

しかたなくノッチを入れることにしました。
このノッチですがこのように近い場合はローLハイCで作ったほうが上手くいきます。

たとえば
Imgp0309_1
ローLハイCの場合は
Notch_1

ハイLローCの場合は
Imgp0310_1

Notch_2
ノッチの深さは深くなりますが必要なところも減衰してしまいます。
今回は、20dB程度の減衰でいいので上のような特性で使います。

Imgp0312_1
上側と下側にそれぞれノッチを入れて

144out_11
こんな感じになりました。
これで法令には引っかからないのでよしとします。

次は430Mです。
430out_10
こちらもノッチの出番です。
ノッチ+LPFを入れて
430out_12

430out_13
綺麗になりました。
実は、この入れたノッチはデルタマーカーで示しているものに対して入れたのですが入れることによって高い周波数の2本のスプリアス以外は無くなりました。
おそらくインピーダンスマッチがずれていたのがノッチを入れることにより改善されて良くなったのではと推測されます。(怪我の功名ですhappy01

1200M用
1200out_10
1200M用は、LOの通り抜けによるものと思われるものがあります。
そこで、MIX用のDBMの近辺のアースや配線の見直しをしたところ
1200out_11
かなり改善されて問題ないレベルになりました。

1200out_2
この高潮波は、ここで処理するか最後のLPFで処理するか最後に検討します。

« ブレーカーが落ちた | トップページ | ご臨終 »

UHF-TRX」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1195023/49723690

この記事へのトラックバック一覧です: POAMP(5):

« ブレーカーが落ちた | トップページ | ご臨終 »