« 供養 | トップページ | KENWOOD PW18-1.8AQ »

2013年2月11日 (月)

POAMP(4)

MIXした後の-10dBmの信号を30dBmまで40dB増幅しなければいけません。
候補としては、手持ちにある2SC3817-2SC3818です。

NECのデータシートによると
2SC3817は
2sc3817
30dBmの出力が得られるとあるのですが、腕が悪くどうしても25dBmまでしか出せませんでした。

そこでデータシート上は5W出せる2SC3818を使うことにしました。
このTRではTSSの認証が通るかどうか気になるところですが手持ち活用ということですすめます。
2sc3818

すったもんだした挙句出来た物です。
Dsc_0040

Uhftrx_poamp_2

uPC1677はデータシート上は+19dBmまで出力が出るようになっていますが手持ちの物では+15dBmしかでませんでした。

しかもこれで2SC3817を直接ドライブすると+12dBm程度で頭打ちになります。

そこでしかたないので2SC4703x2のAMPを間にかませてお茶を濁しました。

Po_14

TGの出力に20dBのATTを入れているので40dB強のGAINがあります。
その他、144M・430Mでも35dBのGAINがありますのですべてのBANDで使用出来そうです。

別にLPFとかは入れていないのですが、うまい具合に高い周波数が切れています。
Po_15
Po_16
入力に8657Bから-10dBmを入力した時です。
(スペアナの入力に10dBのカップラ+20dBATTを入れています)
高調波もこの程度なら簡単なLPFで十分そうです。

気になるIMDは
Po_17
24dBmx2出力で-34dBで問題ないようです。

« 供養 | トップページ | KENWOOD PW18-1.8AQ »

UHF-TRX」カテゴリの記事

コメント

おお、ついに完成されましたか。1200の4段ストレートアンプっちゅうのは快挙ですねぇ。発振せずにこのゲインはすばらしいと思います。喝采ですね。おまけにIMDも悪くない。Finalが余裕あるからでしょうか?普通、ハイバンドのIMDは極悪になるのですが、たいしたものです。脱帽ですね。

こっちは、YTOのFMコイルのドライバー回路を弄り始めましたが、受動部品(R、VR)が足りないことに気づいたのて、買出しにいかなくては。

今は611AからとりあえずYTOを取り出して、2Fの納戸に収容してしまいました。なので、8560Eと新参アンリツをスタック設置しています。場合によっては、8560Eの代わりに、2台あるいずれか(共にアドバンテスト)が割り込んでくるかも知れません(笑)。

>1200の4段ストレートアンプっちゅうのは快挙ですねぇ。発振せずにこのゲインはすばらしいと思います。喝采ですね。おまけにIMDも悪くない。
ありがとうございます。この4段AMPはそれぞれの段で高い方だったり低い方だったりとGAINを振り分けてトータルとしてこういう結果が出ていますので発振せずに安定動作しているのかなと思います。

>場合によっては、8560Eの代わりに、2台あるいずれか(共にアドバンテスト)が割り込んでくるかも知れません(笑)。
ということは、4171以外にもアドバンが2台あるということでしょうか?
いや~、スペアナ天国ですね(笑)。

>ということは、4171以外にもアドバンが2台あるということでしょうか?

そうなりますが、そのうち集約される予定です。単に触りたいだけで集めたので、飽きたら放出です(大笑)。

>そのうち集約される予定です。単に触りたいだけで集めたので、飽きたら放出です(大笑)。
了解です。
清水さんのハートを射止められるスペアナが出てくるか楽しみですね(笑)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1195023/49335062

この記事へのトラックバック一覧です: POAMP(4):

« 供養 | トップページ | KENWOOD PW18-1.8AQ »