« 430BPF | トップページ | POAMP(5) »

2013年2月15日 (金)

ブレーカーが落ちた

今日UHFTRXの自作中にAVRに書き込みをしようとAtmelのUSB書き込み機を繋いで書き込みをしていたところ突然メインブレーカーが落ちてしまいました。

一旦書き込みが終わり、ISP端子を外して再度付けようとするとするとブレーカーが落ちました。

その後、何度やっても同じようにブレーカーが落ちます。

落ちるのはメインブレーカーで漏電遮断機が付いた物です。

これまでは、何の問題も無かったのですが突然の出来事で唖然としています。

何か情報お持ちの方いらっしゃいませんか?

« 430BPF | トップページ | POAMP(5) »

パソコン」カテゴリの記事

コメント

いつも楽しく拝見させていただいております。
現象の件ですが、ターゲットの機器とのGND電位差があるため、漏電ブレーカーが動作するものとかと推察いたします。
以前、ACラインのノイズフィルターが不良、というか線間をコンデンサの中点でアースに落としている機器とのケーブル接続で漏電ブレーカーが動作したことがありました。AC電圧計でアース間の電圧を測定してみてください。

ぱなりさん
情報ありがとうございます。今日は、出来そうに無いので明日にでも測ってみます。

ぱなりさん
先ほど、PCとUHFTRXのアース間の電圧を測ってみましたところAC98Vでした。UHFTRX側のコンセントを逆に接続したところ0Vになりました。この状態でISP端子を接続するとどうなるのか今はブレーカーが落ちると困るので落ちても良い状況を作って確かめてみたいと思います。

まるで昔のトランスレスラジオみたいですね。コンセントが逆ならブレーカーが落ちることはないと思いますが、根本的な解決にはならないような。

>まるで昔のトランスレスラジオみたいですね。
ほんとそうですね、昔ビリビリきたような・・

>根本的な解決にはならないような。
根本的な問題は、どうもPCの電源のようです。この電源を取り替えるのが一番の早道のようですがすぐには出来ないので、取りあえずは今回の対策でお茶を濁そうと思っています。

この度は、情報をいただきありがとうございました。
引き続きよろしくお願いします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1195023/49419990

この記事へのトラックバック一覧です: ブレーカーが落ちた:

« 430BPF | トップページ | POAMP(5) »