« POAMP(6) | トップページ | MMIC »

2013年3月12日 (火)

POAMP(7)

悪戦苦闘しているPOAMPです。

つつきすぎて基板がグチャグチャになってきたので新たに基盤を作りました。
Imgp0329_1

周波数特性は
Po_41

Po_42

Po_43

それぞれのBANDで上図のごとくです。(入力に10dbのATTを入れているのでGAINは+10dbです)

これでシングルトーンをいれると各BANDで30dbmまでリニア動作します。

しかし、2トーンを入れると430MでIMが-30db以上に悪化します。
144Mは約-35dbm、1200Mは約-33dbmと問題ありません。

430Mも謎TRのバイアスをちょっと変えると-35dbmまで下がります。
しかし、144Mは-28dbm程度に悪化します。

各BAND毎に謎TRのバイアスを変えれば問題ないのかもしれませんが、かなりクリチカルなのでそのままの特性が維持できるとは思えません。

144Mから1200Mまでを一つのAMPでまかなうというのは難しいですね~。

« POAMP(6) | トップページ | MMIC »

UHF-TRX」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1195023/50732827

この記事へのトラックバック一覧です: POAMP(7):

« POAMP(6) | トップページ | MMIC »