« MS2683A | トップページ | 御三家 »

2013年3月29日 (金)

送信部動作確認

ほぼすべてのブロックが出来たので動作確認を実施しました。
Dsc_0082

まずは、POAMPの前段部分のスプリアスからです。
144M
144out_10

あちこち突いてきたので14MHz離れのスプリアスがゾンビのように復活しています。
現状のBPF+ノッチではどうも取りきれないので、7段HPF+7段LPF+ノッチでやってみることにします。

まず7段LPF
144_lpf7
これにノッチを+して
144_lpf7n
これだと大丈夫ではないかということで、次は7段HPF
144_hpf7_1
切れはいいのですが、高いほうで減衰があります。
しかし、1296Mで約-5dbなのでこのまま使ってみることにします。
これにノッチを+して
144_hpf7n2
こんな感じになりました。
これを実装すると
144out_2
見事60db下になりました。

Dsc_0083
ミキサーの後に組み込んだ7段HPF+ノッチ

Dsc_0085
右上が7段LPF+ノッチ

430M
430out_1
430Mは近傍にごちゃごちゃありますがほぼ-60db下なのでよしとします。

1200M
1200_spl_1
1200Mは低いほうに強いスプリアスがあります。
これは簡単なHPFで取れると思います。

その後、POAMPをつないで最終チェックを行いました。
144M
144m_out_2
430M
430m_out_1
1200M
1200m_out_1

この測定には、自作のカップラ+20dbATTを使っています。
このカップラは
144M -20db
430M -18db
1296M -13db
のような特性です。

この値を測定結果にあてはめると、3BANDとも+30dBm(1W)の出力が得られています。
スプリアスも3段程度のLPFで取れそうですが、1200MBANDの318Mのスプリアスだけは何かの対策が必要なようです。

« MS2683A | トップページ | 御三家 »

UHF-TRX」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1195023/51003684

この記事へのトラックバック一覧です: 送信部動作確認:

« MS2683A | トップページ | 御三家 »