« POAMP(5) | トップページ | POAMP(6) »

2013年3月 1日 (金)

ご臨終

今日は、POAMPUNITを全部繋げて最終確認していました。

その中で悲劇が起きました。

まず、2SC4703がご臨終になりました。
ここは、これまでも結構弱かったところなのでしかたないなと思い修理に取り掛かったのですが同じ物を使うと同じことが起きるかもと思い別のデバイスに変更しました。

元々ここはGAIN的には5dB程度のGAINでしたので、手持ちの中から2SC1673を使ってみることにしました。

Imgp0318_1

このように裏の取り付けネジは切断して使いました。
レベル的には全く問題ない範囲です。

その後、TGにつないで確認していい塩梅だとニヤニヤしていた途端出力がガクンと落ちました。

調べてみると、次段の2SC3817がご臨終でした。
う~んです。

電源はCC動作させていましたし、変な電流が流れたような気配もありません。

もう手持ちはありませんので、この部分は設計変更を余儀なくされました。

« POAMP(5) | トップページ | POAMP(6) »

UHF-TRX」カテゴリの記事

コメント

どうしたんでしょうね。
私は昔MRF150ppで遊んでいた初期、バンドごとのバイアス調整VRをフロントパネルまで伸ばして切り替えていた頃、電源投入後、バンドSWを切り替えると、一瞬で飛ぶこと2回。その後、うーんとうなってなかなか立ち上がれませんでした。配線を短くしたら何事もなくなりましたが、周波数が高かったり、パワーがでかいと、いろいろ難しくなりますよね。

>周波数が高かったり、パワーがでかいと、いろいろ難しくなりますよね。
そうですね。
ノウハウの蓄積が無いので試行錯誤でやるしかないです。

とりあえず、これを発注しました。
http://documentation.renesas.com/doc/YOUSYS/document/PU10124EJ03V0DS.pdf

http://www.cosmowave.jp/scb/shop/shop.cgi?No=67
ここでは、これで2.5W出せるとありますがデータシートでは26dbm出力とあるのでどうかなというところです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1195023/49750164

この記事へのトラックバック一覧です: ご臨終:

« POAMP(5) | トップページ | POAMP(6) »