« リレー(AJE119) | トップページ | 新緑 »

2013年4月18日 (木)

2ndLOの問題

2ndLOはFM=54.3MHz、SSB=54.309MHzをAD9850を使って作っています。

このAD9850のクロックには131MHzを使っているのですが、やはり無理があるようです。

144M~1200Mまでの送信出力です。
(スペアナ入力に20dbATT挿入)

144M
Copy0004

430M
Copy0005

1200M
Copy0006

どれも-50dbmよりは下なので、問題ないといえば問題ないのですがやはり面白くありません。

この原因が2ndLOなのです。
Copy0002
このスプリアスは、AD9850を無理して使っていることに原因があります。

そこで、ここをVXOに変えようと手持ちの水晶の中から10.8724Mの水晶を使って
54.3M/5=10.86Mを発振させてその第5高調波を取り出して使ってみようと思いました。
Copy0005_2
このNO.5を中心に増幅して
Copy0007
これをBPFで切り出します。
Copy0008
少しスプリアスが残っていますが、どうにかなる範囲なので問題ないのですが
Vxo_02
この近傍のスプリアスが撲滅出来ません。
水晶を本来の使用用途外の方法で使っているのが問題かもしれません。

そこで、ふと思いつきました。
AD9850だって、たとえば54.3/4=13.575Mあたりで発振させて4逓倍すればいいじゃん

そこで早速発振させてみました。
元々の54.3M
Copy0009

27M
Copy0010

18.1M
Copy0011

13.577M
Copy0012

ここらまで周波数を下げるとかなり静かになります。

近傍も綺麗です。

Dds_2

これを4逓倍することにします。

« リレー(AJE119) | トップページ | 新緑 »

UHF-TRX」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1195023/51281969

この記事へのトラックバック一覧です: 2ndLOの問題:

« リレー(AJE119) | トップページ | 新緑 »