« 中華DDS(AD9850) | トップページ | MS2683A TG »

2013年4月30日 (火)

中華DDS(AD9850)続き

AD9850の調子が悪くなった記事の続きです。

AD9850本体なのか、その他が原因なのか確かめるべくAD9850を基板から引き剥がして確認してみました。

Imgp0388
まずは、基板から引き剥がします。

Imgp0387

そうして延長基板に取り付けて、昔AD9851の実験をしていた基盤に取り付けます。
その前に、この基板自体の動作確認でAD9851を付けて
Imgp0385

クロックにはKSG4700Tから125MHzを入れて
Copy0005
8MHzを発振させてみたところです。
発振周波数を少しずらして
Imgp0389
にすると
Copy0008
こうなります。

次にAD9850に付け替えて
Imgp0386

8MHz
Copy0006

7.996MHz
Copy0007

AD9851とAD9850という違いはありますが、クロック125MHz 出力8MHzでは
AD9850でも問題なく動作する範囲内だと思いますので上記の結果は
AD9850本体の問題だといえます。

このAD9850も最初は
Copy0012_2
こんな感じで問題なく動作していました。
ただ、LPFを付けただけでこういうことになるという原因は不明なままです。

« 中華DDS(AD9850) | トップページ | MS2683A TG »

パーツ」カテゴリの記事

コメント

LPFは50Ωでしょうか?
出力に直接つけると電流が定格を越えると思います。
データシートでは200ΩのLPFになっています。

Analog様
コメントありがとうございます。

データシートでは、200ΩのLPFとなっていますが参考回路ではOUTに50Ωの抵抗が繋がれています。

これまでは自分で作った物では50ΩのLPFを繋げて問題ありませんでした。

今回の中華DDS基板の回路図を改めてよく見てみたところLPFの前後に100Ωの抵抗が入っていますので総合的にみると50Ωになり、これにさらに自分が50ΩのLPFを付けたことによりさらにIMPが下がり許容出力電流以上の電流が流れたのかもしれません。

情報ありがとうございました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1195023/51432264

この記事へのトラックバック一覧です: 中華DDS(AD9850)続き:

« 中華DDS(AD9850) | トップページ | MS2683A TG »