« 8561E TG① | トップページ | 8561E TG③ »

2013年5月29日 (水)

8561E TG②

その後、シールドBOXの中は3.9107GHzのLOだけにして
Imgp0489

下段に配置しました。
Imgp0491

そうして上段には
Imgp0494
アイソレータ、ミキサ、出力AMPを配置しました。

このアイソレータは
Imgp0495
オクで入手したもので、その特性は
Adv098
タイトルにある4.7G近辺では30dbのアイソレーションがあります。
3.9Gでも20dbあるので十分使えそうです。

この構成で全部繋いでみると
F_span6
全体で±1db以内に収まりました。
若干1.9Gの漏れがあるようで対策が必要なようです。

8561Eには、ノーマライズ機能があるので、これを使えば
F_span7
簡単にこういう状態に出来るので少々の凸凹は問題になりませんhappy01

しかし、以前の
Img081

Img083
状態に比べるとかなりシンプルになりました。
これも8561Eの1stLOの出力は
Adv096
全体に渡り+10dbm程度の出力レベルがあるので楽です。

« 8561E TG① | トップページ | 8561E TG③ »

測定器」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1195023/51823853

この記事へのトラックバック一覧です: 8561E TG②:

« 8561E TG① | トップページ | 8561E TG③ »