« 中華DDS(AD9850)続き | トップページ | MS2683A TG② »

2013年5月 2日 (木)

MS2683A TG

UHFTRXの方は、特注の水晶待ちで一時中断中なのでMS2683AのTGに手を付けました。

まずは開腹です。

Imgp0390

Imgp0391
この封印を破ります。

Imgp0401_2
これで後戻りは出来ません。

その後
Imgp0392_2
ここに1stLO出力用のSMAコネクタを取り付けます。

Imgp0393

適当なセミリジットケーブルで繋ぎます。

Imgp0395_3

そうして、清水さんの記事を参考に外部電源供給用のコネクタを付けました。
腹をくくって穴あけです。

Imgp0396_2

Imgp0397_2

そうして、5VのRegを付けて
Imgp0399

電源を供給してみましたが、問題ないようです。

Imgp0400

その1stLO出力をR3267のMAXホールド機能を使って計測してみました。
Adv088
どこかで整合に不具合があるようで波打っています。

« 中華DDS(AD9850)続き | トップページ | MS2683A TG② »

測定器」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1195023/51465485

この記事へのトラックバック一覧です: MS2683A TG:

« 中華DDS(AD9850)続き | トップページ | MS2683A TG② »