« MS2683A TG⑥ | トップページ | MS2683A TG⑧ »

2013年5月14日 (火)

MS2683A TG⑦

ケースINに向けての準備を進めていますが、どうもスペース的に苦しい事が判明しました。
そこで、構成を再編成することにしました。

その一環として1stLO用のアイソレーション確保も兼ねたAMPの一部を本体に内蔵させることにしました。

Imgp0453

Imgp0454

GALI2+を2個使ったAMPをこのように取り付けました。
スペースの関係でコネクタは使わずに直付けです。

(はずかしいことに写真を撮った後になってIN-OUTが逆になっていることに気がつきました。後できちんと直したのですが写真を撮り忘れてケースを閉めたのでこの写真を使っています)

もちろん、シルードBOXの蓋はつけています。

その後、動作確認です。
Ms2683atg_4

問題なく動作しているようです。
しかもバラック実験していた時と比べると
Ms2683atg_3

高域の落ち込みが少なくとってもいい感じですhappy01

内臓した事による変なスプリアスの発生も無いか確認します。

Copy0004

問題ないようです。

しかし、最近立て続けにCOPYしようとして電源ボタンを押してしまう事がありました。

考え事をしながらやるとついやってしまいます。

Imgp0455

もう少し離れた場所についていればいいのですが・・・

« MS2683A TG⑥ | トップページ | MS2683A TG⑧ »

測定器」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1195023/51623226

この記事へのトラックバック一覧です: MS2683A TG⑦:

« MS2683A TG⑥ | トップページ | MS2683A TG⑧ »