« 2ndLO作り変え② | トップページ | フルムーン »

2013年6月21日 (金)

HP3589A

HP3589Aを入手した後、マニュアルをDLしてきて操作方法の取得をしていましたが
2画面表示が今一よく判りませんでしたが、何とか表示出来るようになりました。

Dsc09148_1

65MHz 0dbmの信号を表示させたところです。
(現在 B:を使っています)
Dsc_0014_2

「Save/Recall」→「Save Trace」→「Into D1」で内部メモリD1に保存します。

「Format」→「Front/Back」で2画面表示にします。
Dsc_0013_2

「ActiveTrace」でA:にして
「TraceData」→「Data Register」→「D1」で内部メモリD1を呼び出します。

「ActiveTrace」でB:にして
見やすいようにCFを少しずらしてSPANを10KHzにしてみます
Dsc_0010_2

FullSpanにしてみます。

Dsc_0011

無事2画面表示が出来ました。

「Format」→「Upper/Lower」を使うと
Dsc_0015_2
上下に表示する事が出来ます。

保存に内部メモリを使っていますが、HP8561EのようにView-Blankで切り替える方法があるのかどうかは不明です。

« 2ndLO作り変え② | トップページ | フルムーン »

測定器」カテゴリの記事

コメント

なるほどー、面倒くさいのですね。これってHPの正統派スペアナ開発部隊じゃない部隊がプログラムしたのでしょうかね?いろいろスペアナを弄りましたが、これだけの操作を要求するものは見たことがありませんね。

おそらく8561Eなんかとそんなに世代は変わらないと思うのですが、操作はかなり違います。
清水さんがおっしゃられるように、全く違う開発部隊なんでしょうね。
横のつながりの無い、日本のお役所仕事のようです(笑)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1195023/52122150

この記事へのトラックバック一覧です: HP3589A:

« 2ndLO作り変え② | トップページ | フルムーン »