« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月の3件の記事

2013年9月26日 (木)

NEX-5R

少し前にα700を手放してα900の1台体制でやっていましたが、大きく重たいため手軽に使える物が欲しくなり物色していました。

第一候補はRX100でしたがmk2が出て少し値下がりするかなと思っていたのですが高止まりのままでちゅうちょしていました。

そんな時NEX-5の一つ前の型の5Rが手ごろなお値段になっていることに気づき速攻でポチってしまいました。
ついでにオクでマウントアダプタもゲットしました。

今日両方到着して早速遊んでみました。
Dsc_0106

これにマウントアダプタ+SIGMA28-70mmF2.8を付けてみました。
Dsc_0108

Dsc_0109

早速外に持ち出してみましたが、言われているように液晶画面が観づらいということもあまり感じませんでした。
Dsc00009_1
今年初めて実を付けた栗です。

Dsc00010_1
MFアシスト機能とピーキング機能によりピント合わせがメチャ楽ですhappy01

室内に入ってCANON FD55mmF1.2
Dsc00016_1

NIKON 35mmF2.0
Dsc00020_1

Dsc00018_1

今後パンケーキ系統のレンズを入手してコンデジの変わりに使い倒そうと思います。

2013年9月17日 (火)

HP8561E お手入れ

この前から電源ON-OFFを何回か繰り返さないと立ち上がらなくなっていたHP8561Eですが、開腹してみました。

開腹すると!!
Imgp0009_1

ぎょえ~!! です。
Imgp0010_1

Imgp0012_1

とりあえず掃除機でホコリを吸い取り
Imgp0013_1

電源ONしてみました。
Imgp0014_1

なんと無事立ち上がるではないですかhappy01

Imgp0015_1

ディスプレイの画像も以前に比べてシャープになったような

その後、何度かON-OFFを繰り返しましたが問題なく立ち上がっています。

どうもホコリにより高圧関係の絶縁が弱まりなにかの保護回路が働いていたのかもしれません。

一安心です。

2013年9月 3日 (火)

測定器 総点検

自作よもやま話で清水さんが測定器の総点検をしたといっておられたので、手持ちの物はどうなんだろうと思い総点検をしてみました。

結果
HP8561E
電源ON1回では起動しない、3回程度起動しなおすと起動する。
どうもディスプレィに映らないだけで本体は生きているよう。
高圧関連の電源部の不良のような気配。

HP3589A
CALでエラーが出る、1カ月ほど前に起動したときには出なかったのでこの夏の暑さでやられたか。
Imgp0002_1

HPのHPからサービスマニュアルをDLして
エラーログを見るコマンドを見つけました。

「Special Fctn」 Keyを押して
Dsc_0092

F9
-99
F9
と押すと
Dsc_0093
右下に「SERVICE FUNCTION」が出てきます。

これを押すと
Dsc_0094

この中で、FAULT LOGを見てみると
Dsc_0096

「Calibration Failure」は7回記録されています。

SELF TEST ALL を実行すると
Imgp0007_1

Dsc_0083

Source flatness がFailになっています。

測定画面に戻ってFullSpanにしてみると
Dsc_0091
100MHz近辺で落ち込んでいます。
SGから信号を入れてみると
100MHz 0dbmは問題ありません。
Dsc_0088

102MHz 0dbm
Dsc_0089
6dBほど低く表示されます。

ネットアナモードにしてFullSpanにしてみると
Dsc_0086

CAL実行で
Dsc_0087
ネットアナモードでは問題ないようです。

サービスマニュアルをもう少し読んでみないといけません。

※上記は昨日の事で、今日起動すると問題なく起動できました。
上記の中でSpesialFunctionKeyの説明の3枚の画像は今朝撮影したものです。
100MHzから上の落ち込みはありません。

この機器もかなり古いものなので、メンテが必要になりそうです。

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »