« 手直し⑦ | トップページ | 手直し⑧ »

2014年2月16日 (日)

廃品利用で省エネ

自作部屋の暖房には、400Wx2の電気ストーブを使っています。

これまでは、400Wx2すべて使っていました。
昼ごろになると、ストーブの熱と測定器からでる暖気とで天井付近は20度超えするのに足元は15度以下で足元が寒いと寒く感じるので400Wx2が必要でした。

この天井付近に溜まっている暖気を足元に循環させればいいのではと思い
MS2683AのFANを交換したときに廃品となったFANを使ってみました。
Dsc00886_1
とりあえず、頭の付近にネジ止めして

Dsc00875_1
2つの温度計の支持値がほぼ同じなのを確認して、1個を天井付近もう1個を床に置いてみました。

Dsc00885_1
天井付近は17度くらい、床は13度くらいで4度差があります。

そこでFANを廻してみると5分くらいで
Dsc00887_1
床も17度になりました。

これで、電気ストーブは400Wx1で済むようになりました。
FANは12V0.45Aのやつなのですが、12Vで使うと音が大きいので(そのために交換したのですが)8Vくらいで使って音を抑えています。
それでも十分な働きをしてくれます。
8Vで0.2Aくらいですから1.6Wです。
400W→1.6Wと1/250の電力消費で大成功です。

« 手直し⑦ | トップページ | 手直し⑧ »

日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1195023/55015918

この記事へのトラックバック一覧です: 廃品利用で省エネ:

« 手直し⑦ | トップページ | 手直し⑧ »