« 手直し⑪ | トップページ | 手直し⑫ »

2014年4月 2日 (水)

ML4803A

AnritsuのML4803AというPowerMeterがあります。

実は、この2月に通電OKだがSWの反応なし画面表示もなしというJUNK品を送料込みで3K程度で入手していました。
Dsc00918

この手のAnristuの製品はケース取りとしては最高です。
MS2683AのTG用に使ったOpticalPowerMeterのML910Bとほぼ同じ構造のようです。

そこで、ケース目的にポチったのですが、来てから内部を確認すると
Dsc00920
このコネクタが外れています。

内部は結構きれいで、それ以外は目視では異常はありそうにありません。
Dsc00921_1

Dsc00922_1

そこで、コネクタを元に戻して
Dsc00923

通電してみると
Dsc01249_1
画面表示が出ました。
Dsc01247
最後は、このFrr表示が点滅したままです。
この機種はセンサーが繋がれていないとこのような表示に」なってキー操作も出来ないそうです。
ということは、まともに働くかもしれないということになってきました。
まともに働くのならケース取りにしたらもったいないなということでそのまま手付かずでした。

最近オクで結構このPMの出品があります。
そこで、こいつの動作確認のためだとブツブツいいながらポチってしまいました。
まともなPowerMeterが一つくらいあってもいいなとは思っていましたが

Dsc01250_1
こちらは、CALOKということでそれなりのお値段でした。

Dsc01238
上が今回入手したものです、CALが問題なく出来ます。

Dsc01240
前に入手していたほうです、CAL出来ます!

HP8657Bから100MHzの信号を入れてみました。
まず今回入手した物です。
+17dBm
Dsc01220
+10dBm
Dsc01219
0dBm
Dsc01218
-10dBm
Dsc01213
-20dBm
Dsc01254
-30dBm
Dsc01253
この時、HP8561Eで確認すると
Dsc01231
ほぼ合っています。
ついでに、HP8561EのCAL信号(300MHz-10dBm)は
Dsc01255

Dsc01257

次に、以前入手していた方です。
+17dBm
Dsc01221
+10dBm
Dsc01222
0dBm
Dsc01223
-10dBm
Dsc01224
-20dBm
Dsc01225
-30dBm
Dsc01226
8561E CAL
Dsc01228
正常動作しているようです。

これではケース取りにするにはもったいないので、とりあえずは延命させることにします。

« 手直し⑪ | トップページ | 手直し⑫ »

測定器」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1195023/55612451

この記事へのトラックバック一覧です: ML4803A:

« 手直し⑪ | トップページ | 手直し⑫ »