« 蕗の薹 | トップページ | 10MHz基準確認 »

2014年12月22日 (月)

LO②

今朝も寒い朝でした。
Dsc03290_1

先日(17日)の時に比べると
Dsc03285_1
少しは少ないですが、何かよく降ります。
今後1週間は積もる事はないようですが、寒い日が続きそうです。

こんな時は自作部屋に篭るに限りますhappy01

Dsc03294_1

製作中のポータブルTRX

ポータブルTRXのLOは結局ADF4002+AD9850を使いLを切り替えて
3.5M用 38.845MHz
  7M用 42.345MHz
 50M用 85.345/2=42.6725MHz

 21M用 56.345MHz
 24M用 59.345MHz
 28M用 63.345MHz
144M用 108.655/2=54.3275MHz
の2系統にしました。
50M用と144M用は1/2を作り逓倍します。

ADF4002のR分周を1/10、N分周を1/20に固定してループフィルタも同じ定数です。

たとえば、3.5MHz用の38.845MHzはAD9850で19.4225MHzを作ってADF4002のR入力に入れて
19.4225/10=1.94225MHz
1.94225X20=38.845MHz
この時AD9850を1Hz動かすとLO出力は20Hz動くことになり分解能としては十分です。

3.5MHz用(38.845MHz)
SPAN=1MHz
Lo35_1m
SPAN=100KHz
Lo35_100k
SPAN=10KHz
Lo35_10k2

7MHz用(42.345MHz)
Lo7_1m

Lo7_100k

Lo7_10k

21M用(56.345MHz)
Lo21_1m

Lo21_100k

Lo21_10k

24M用(59.345MHz)
Lo24_1m

Lo24_100k

Lo24_10k

28M用(63.345MHz)
Lo28_1m

Lo28_100k

Lo28_10k

50M用(42.6725MHz)
Lo50_1m

Lo50_100k

Lo50_10k

144M用(54.3275MHz)
Lo144_1m

Lo144_100k

Lo144_10k

少し不満の残るところもありますが、ループフィルタの定数を固定しているのでしかたないといったところです。

« 蕗の薹 | トップページ | 10MHz基準確認 »

ポータブルTRX」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1195023/58341387

この記事へのトラックバック一覧です: LO②:

« 蕗の薹 | トップページ | 10MHz基準確認 »