« PLL解決 | トップページ | LO④ »

2015年1月31日 (土)

MS3606B

以前HP3577Aを所有していたのですが、200MHzまでだったのと大きくて場所を取るので手放したのですがネットアナはまた入手したいと考えていました。

そんな中、オクで手ごろな物件を見つけてフラフラと落札してしまいました。
Dsc03559_1

Dsc03560_1
アンリツのMS3606Bという10KHz-1GHzの物です。

通電のみ確認ですという説明で開始価格から少しの上乗せで落札出来ました。
来た物を見てみると
Dsc03561_1
75Ωへのインピーダンス変換UNITが付けてあります。
これを外すと
Dsc03562_1
一部塗装が一緒に取れたのですが、BNCコネクタは金ピカです。

Dsc03575_1

外した変換UNITにはDXアンテナの資産シールが貼ってあり、登録年が平成3年になっていますので24年選手ということになります。

早速通電して動作確認です。
Dsc03582_1
とりあえず、OUTPUTとINPUTをBNCケーブルで繋ぐと信号は出ているようです。
Dsc03583_1
CALも出来ました。

信号源の確度は
Dsc03576_1
500MHzでSPAN0Hzにして8561Eでみると-1dB程度ですから問題ありません。
Dsc03577_1
1GHzではもう1dB下がりますが問題ありません。
Dsc03578_1
信号レベルを10dB下げてみると問題なく出力も下がります。
Dsc03579_1
もう10dB下げると10dB下がります。
Dsc03580_1
100KHzも問題ありません。

DUTとして7MHzのBPFを測ってみました。
Dsc03584_1

Dsc03585_1

Dsc03586_1

Dsc03594_1

Dsc03595_1

Dsc03596_1

Dsc03601_1

Dsc03588
POLRA
Dsc03589_1
INPEDANCE
Dsc03593_1
ADMITTANCE

ざっと見た感じでは、確度は別にして基本動作は問題ないようです。

ただし、マニュアルがないのでいろいろ判らないところがあります。
なんとかマニュアルを探さないといけません。

それ以外にも、少し勉強しようと
Dsc03598_1
Amazonから速攻で入手しました。

« PLL解決 | トップページ | LO④ »

測定器」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1195023/58769445

この記事へのトラックバック一覧です: MS3606B:

« PLL解決 | トップページ | LO④ »