« PLL ? 解決 ? | トップページ | MS3606B »

2015年1月28日 (水)

PLL解決

あれこれ不具合まみれで悶々としていたPLLですが、いろいろな複合要素が悪さしていたようです。

ジッタがあった件は、PLLのチャージポンプ電圧を拡張していたのですが
Dsc03558_1
PLL回路の設計と応用より抜粋
この回路を通すと
Dsc03550_1
こんな感じです。
この回路を通さずに直接接続すると
Dsc03549_1
問題なくなります。
この拡張回路はこれまで何度か使ってきて問題が出たことはありませんでした。
原因がよくわからないので、この拡張回路を使わないでBANDを3つに分けてコイルも3つに分けることにしました。

次の問題は
Dsc03551_1
少し広い範囲でみるとこんなスプリアスが出るのです。

ループフィルタをあれこれやってみても解決しません。
結局問題だったのは
Dsc03557_1
ADF4002に3.3Vを供給しているBA033Sというレギュレータの出力が
Dsc03552_1
ぎょえ・・となっていました。
データシートを良く見てみると出力に22uFのCを付けなさいとあります。
他の3端子と同じだろうと入力に1uF出力に0.1uFしか付けていませんでした。
出力に22uFを付けると
Dsc03553_1
問題なくなり
Dsc03554_1
スプリアスはかなり小さくなりましたが、まだあります。

よくみると、表示用のLCDに3.3Vを供給するためもう1個使っていました。
こちらにも22uFを入れてやると
Dsc03556_1
問題解決です。

Dsc03555_1_2
狭帯域も問題ありません。

« PLL ? 解決 ? | トップページ | MS3606B »

ポータブルTRX」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1195023/58734301

この記事へのトラックバック一覧です: PLL解決:

« PLL ? 解決 ? | トップページ | MS3606B »