« MS3606B MANUAL | トップページ | MS3606B 性能確認 »

2015年2月24日 (火)

再構築 2段目 3段目

2段目、3段目の再構築が完了しました。
Dsc03861_1
2段目
2段目は、IFAMP XF 双方向AMP LO関係(ADF4002、VCO、AMP、LPF) RF TOPAMP
等です。 
Dsc03862_1
3段目
3段目には、BPF uPC3219GV ドライバAMP等です。

3段目の空いたスペースにLPFを配置する予定です。

Dsc03854_1
POAMPは電池収納スペースの片隅に配置しました。

Dsc03855_1

ここまでの確認です。

+30dBm出力時のスプリアスの確認です。

3.5M
Dsc03849_1

7M
Dsc03841_1

21M
Dsc03842_1

24M
Dsc03843_1

28M
Dsc03845_1

50M
Dsc03846_1

144M
Dsc03848_1

3.5M、7Mは2段のLPFでいけそうです。

21M、24M、28Mは一つのLPFで対応しようと思っているので3段必要でしょう。

50Mも3段必要なようです。

144MはLPFではダメでBPFが必要でしょう。

« MS3606B MANUAL | トップページ | MS3606B 性能確認 »

ポータブルTRX」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1195023/59048670

この記事へのトラックバック一覧です: 再構築 2段目 3段目:

« MS3606B MANUAL | トップページ | MS3606B 性能確認 »