« POAMP前 | トップページ | 再構築 »

2015年2月10日 (火)

MS3606B 開腹

MS3606Bですが、外側が結構汚れていたので中が気になって開腹してみました。
Dsc03764_1

Dsc03766_1

Dsc03768_1

Dsc03769_1

中は思っていたほど汚れていません。
というか結構綺麗です。

Dsc03770_1

ディスプレイはSANYOのDDC-V8NDというものです。

1989年製とあるので、これからいくと25年ということになります。

Dsc03771_1
電源部です。目視で見える範囲では電解Cのフクレとかもないようです。

こんな物が目に留まりました。
Dsc03772_1
FCタイマー(水銀タイマー)というもののようです。

Dsc03773_1
これだと4000時間経過していることになります。
10000時間に到達すると逆にして使えるのだそうです。

これまで何回リセットされたのかは不明ですが、こういう物が使ってあるということは10000時間毎に何かをしなければいけないのかもしれません。

マニュアルが無いのでさっぱり判らないのですが、残り6000時間としてもおそらく3~4年はかかるでしょうからそれまで本体が持つかどうかも判らないので気にしないことにします。

« POAMP前 | トップページ | 再構築 »

測定器」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1195023/58886816

この記事へのトラックバック一覧です: MS3606B 開腹:

« POAMP前 | トップページ | 再構築 »