« 送信部確認 | トップページ | FLUKE 8840A »

2015年2月 4日 (水)

PINダイオード

BPFの切り替えに1S1588を使ったDiSWを使っていました。
ところが1S1588では+1dbmくらいで飽和してしまいました。
そこで1N4007に変えて+10dbmくらいまではリニア動作しているのですが、アイソレーションが悪く
Dsc03677

Dsc03678

Dsc03679

結構暴れています。

そこで先日入手したPINダイオードMI308を使ってみました。
Dsc03686
太いほうはMI407で細いほうがMI308です。
データシートでは、MI407は25W MI308は10Wの切り替えが出来るようです。
10Wを切り替えるには50mAくらい流さないといけないようですが、+10dbmくらいだと小電流でもいけるのではないかと思います。

Dsc03676

5mA流した時です。損失は1db以内です。
Dsc03680

Dsc03681

Dsc03683
暴れもなくいい感じになりました。


« 送信部確認 | トップページ | FLUKE 8840A »

パーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1195023/58810267

この記事へのトラックバック一覧です: PINダイオード:

« 送信部確認 | トップページ | FLUKE 8840A »