« 再構築 1段目 | トップページ | IFAMP作り変え② »

2015年2月17日 (火)

IFAMP作り変え

再構築も2段目に入ったのですが、1段目でキャリアの出力をUPさせた影響でIFAMPに回り込んで感度を抑圧します。

Dsc03806_1
そこで1段目の基板の裏側に胴の網板を付けてみたりしたのですが効果なしです。

どうもIF部の作り方が悪いのかとも思い出しました。
Dsc03809_1
この最初のMC1350を指で押さえると抑圧がなくなります。
で、対策をあれこれやっているうちに基板がボロボロになってきてやばいことになってきたので作り変えました。

Dsc03812_1
今回はMC1350にシールドをしてみました。

Dsc03810
MS3606Bの出力を-60dBに設定してさらにATTで40dB落として-100dBmを入力しています。
GAINは90dBと前の時より10dB強増えました。

Dsc03814
以前の記事
SNはほぼ同じです。
少し狭くしてみると
Dsc03815
-120dBm入力でS/Nは25dBあります。

ここでデータシートにある入力整合回路を付加してみました。
Dsc03817_1

Dsc03816
GAINは5dBUPして95dBになりましたがS/Nは同じです。

この前にXFがくるのでそれと繋いだときにどうなるかです。

« 再構築 1段目 | トップページ | IFAMP作り変え② »

ポータブルTRX」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1195023/58971751

この記事へのトラックバック一覧です: IFAMP作り変え:

« 再構築 1段目 | トップページ | IFAMP作り変え② »