« 不具合つぶし | トップページ | NI-MH 充電 »

2015年3月29日 (日)

MRF581ご臨終

ポータブルTRXも形になってきて最終調整中に不注意でドライバのMRF581を飛ばしてしまいました。
手持ちはこれ1個しかないので別な物を探さなくてはいけません。
手持ち部品をいろいろ検討してみましたが、これだという物が見つかりません。
そんな時に、西無線さんの「NTS-220」が144Mで1W出力するのにドライバに2SC3356を使っているという事実を知り2SC4703でも行けるのではと思いました。

早速実験してみるとGoodです。

7M
Dsc04069_1

21M
Dsc04070_1

24M
Dsc04071_1

28M
Dsc04072_1

50M
Dsc04073_1

144M
Dsc04080_1

3.5Mだけ写真を撮り損ねていますが問題なくIM<30dBをクリアしています。

回路部分は、ほぼ完成したので電池の充電回路の実験に進みます。
Dsc04081_1

とりあえず、LM317の定電流回路を使って組み上げてみました。
充電電流の検知にAD8310を使っています。
この充電電流と電池電圧をAVRで監視して充電しようという計画です。

« 不具合つぶし | トップページ | NI-MH 充電 »

ポータブルTRX」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1195023/59451953

この記事へのトラックバック一覧です: MRF581ご臨終:

« 不具合つぶし | トップページ | NI-MH 充電 »