« Before→After | トップページ | アンテナ »

2015年4月14日 (火)

送信部最終確認

送信PAの後に入れているLPFですが、現在は両端にリレーを入れて切り替えています。
これは、スプリアス規制値を1ランク上の1W~50Wの許容値をクリアするようにしようと思っての事でしたが、思いのほか他での電力消費が多くなり少しでも消費電力を減らすために1W以下の規制値をクリアすることにしてリレーも1個で切り替えるようにしました。

Dsc04167_1

1W以下の許容値は 帯域外領域 スプリアス領域
30MHz以下       1mW以下  50uW以下
30~54M       100uW以下   〃
144M~146M       〃       〃
になります。
1mW→0dBm 100uW→ -10dBm  50uW→ -23dBm

送信機出力を20dBカップラを使って-20dBして8561Eに入力しています。
3.5M
Dsc04159_1

Dsc04160_1

7M
Dsc04153_1

Dsc04161_1

21M
Dsc04154_1

Dsc04162_1

24M
Dsc04155_1

Dsc04163_1

28M
Dsc04156_1

Dsc04164_1

50M
Dsc04157_1

Dsc04165_1

144M
Dsc04158_1

Dsc04166_1

全BANDで送信IMD 30dBを確保出来ました。
スプリアスも許容値はクリアしています。

24Mと28Mでは2倍より3倍~のほうがスプリアスが大きくなっているのはリレーを1個にしたことによる高域の通り抜けによるものです。
見えているものは、つぶしたくなりますがこれで手打ちとします。

« Before→After | トップページ | アンテナ »

ポータブルTRX」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1195023/59641374

この記事へのトラックバック一覧です: 送信部最終確認:

« Before→After | トップページ | アンテナ »