« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

2015年6月の8件の記事

2015年6月30日 (火)

2015フルムーングリーンパス ③

3日目(22日(月))
3日目は山形から福島・仙台・盛岡を経由して田沢湖泊です。
Dsc04505_1
途中時間があるので盛岡で途中下車して盛岡市内を散策します。

Dsc04796_1

Dsc04803_1
山形駅を1番のつばさで出発するのですが、月曜日の1番列車ということでグリーン車が1席しかあいていないということで福島までは普通車になります。
Dsc04805_1

Dsc04811_1

Dsc04817_1
福島駅で乗り換えます。
Dsc04825_1

Dsc04828_1

Dsc04827_1
ふくしまディストネーションキャンペーンの一環として列車到着に併せて歓迎の踊りとかするそうなのですがこの列車に乗る身としては見れませんでした。
Dsc04842_1

Dsc04843_1
盛岡駅でこまちを見送り
Dsc04849_1

Dsc04846_1
盛岡市内観光循環バス「でんでんむし」で1週し
Dsc04879_1

Dsc04869_1_2
駅近くの北上川を散策し
Dsc04852_1_2
宮沢賢治に合い
Dsc04857_1
グルージャ盛岡さんには、レノファ山口が5/17に4:0で勝たしていただき
Dsc04892_1

Dsc04893_1
盛岡の3大麺を味わい
Dsc04900_1
駅の傍にあるマリオスの展望台に上がり
Dsc04907_1

Dsc04908_1
盛岡市内を展望し
Dsc04912_1

Dsc04910_1
こまち19号で田沢湖に向かいます。
Dsc04916_1
田沢湖駅から湖には
Dsc04917_1
田沢湖1週のバス路線を使います。
Dsc04926_1

Dsc04927_1
バスの車窓から湖を眺め
Dsc04936_1
田沢湖のシンボル「タツコ像」に到着です。
Dsc04956_1
この田沢湖を1週するバス路線は、途中このタツコ像があるところと
Dsc04938_1
御座石神社でそれぞれ10分~15分止まって観光させてくれます。
Dsc04957_1

Dsc04968_1
御座石神社あたりは、湖岸が急激に深くなっているそうで湖の色も深い青色です。
Dsc04994_
ほぼ1週したところで今晩の宿「湖心亭」に到着です。
夕食まで少し時間があったので
Dsc04980_1

Dsc04983_1_2

Dsc04992_1
湖畔を散歩して
Dsc04998_1
あこがれの「いろり」で夕食です。
料理を堪能したころ、ちょうど夕焼けがきれいだということで
Dsc05017_1

Dsc05026_1
夕焼けを堪能しました。 

2015年6月27日 (土)

2015フルムーングリーンパス ②

2日目(21日(日))
今日は、新発田から羽越本線で余目に行き、陸羽西線(奥の細道最上川ライン)で新庄に行き、奥羽本線で山形へ行き、山形から仙山線で山寺へという行程です。

Dsc04625_1

Dsc04628_1

Dsc04630_1
新発田駅を06:48分発の普通列車で出発です。
Dsc04633_1_2
(途中の村上で撮影)
Dsc04631_1
この頃はいい天気なのですが、午後には雨になる予想です。
Dsc04638_1
途中日本海の景色を楽しんで
Dsc04645_1
余目に到着です。
余目からは、陸羽西線(奥の細道最上川ライン)で
Dsc04644_1
列車にも「奥の細道」のマークが
Dsc04653_1
最上川に沿って新庄に向かいます。
Dsc04647_1
このころになると雲が増えてきました。
Dsc04654_1
この最上川下りに乗りたかったのですが時間の関係でパスです。
Dsc04669_1
新庄経由で山形に着きました。
この時はまだいい天気です。
Dsc04678_1
仙山線で
Dsc04679_1
山寺に到着です。
Dsc04680_1
まだいい天気なのですが・・
Dsc04681_1
昼を食べて食堂の外に出るころから雨が降り出しました。
Dsc04683_1
写真にも雨粒が写りこむような結構強い雨です。
Dsc04692_1
芭蕉さんに出迎えられて
Dsc04699_1

Dsc04702_1
有名な「閑かさや岩にしみ入る蝉の声」の句のせみ塚
Dsc04706_1
1000段ちょっとある階段をえっちらおっちらと上っていきます。
Dsc04704_1

Dsc04720_1
やっと奥の院に到着です。この頃雨が小降りになってきました。
Dsc04729_1
この奥の院のそばに郵便ポストがあります。集配の人は毎日あの階段を上ってくるのでしょうか。
Dsc04731_1
1000段も上ってくると結構な高さです。
Dsc04734_1

Dsc04739_1

Dsc04776_1
天気も良くないので、早々に山形に帰ってくると何か大変なことになっていました。
雨も又強くなってきたので、市内観光循環バスに乗ったのですが途中で降りたところでかなり強い雨に遭ってびしょ濡れになり市内観光はあきらめて駅に戻り近くにある霞城セントラルの展望台に上りました。
Dsc04785_1
こういう状況ですから
Dsc04778_1
展望は良くありません。
Dsc04788_1
山形駅に「とれいゆ つばさ」が止まっていました。
Dsc04792_1
駅構内には、モンテディオ山形のコーナーが
20日の試合ではサンフレが5:1で勝たしていただきましたが。
Dsc04794_1
天気が悪いので駅にある居酒屋で早々に夕食として2日目終了です。
移動距離233Km

2015年6月25日 (木)

2015フルムーングリーンパス ①

今年も恒例のフルムーングリーンパスを使ってかみさんと新潟・山形・岩手・秋田と帰りがけに三保の松原・姫路城を巡ってきました。

Dsc04503_2

1日目(20日(土))
新山口を出て、新大阪・東京を経由して新潟を目指します。

Dsc04504_1

いつもの事ながらのぞみが使えないので7:32発のさくら540号で大阪まで行き
ひかり516号で東京に行きます。
Dsc04526_1
表示はダイナミック点燈ですね。シャッタースピードが早く所々消えています。
Dsc04532_1

Dsc04533_1

Dsc04536_1

Dsc04541_1

Dsc04552_1

左から、東海道・上越・東北新幹線が並んでいました。
こまちの右側に北陸新幹線のかがやきが止まっていましたが
Dsc04554_1
1枚の中には収められませんでした。

Dsc04540_1
7分間の奇跡も見学し
Dsc04553_1
MAXとき327号に乗り込みます。
Dsc04559_1
しかし、2階建ての2階からのながめはいいです。
Dsc04564_1
米どころ新潟の田んぼを過ぎると新潟に到着です。
1300Kmちょっと8時間の旅です。

Dsc04571_1
2階建て連結車両が並んでいるとなにか圧巻です。

あまり時間がないので市内観光循環バスに乗りました。
今回乗ったバスには、新潟出身の高橋留美子の作品犬夜叉がラッピングしてありました。
Dsc04575_1

Dsc04576_1

途中日本海も見れて
Dsc04580_1
約1時間で1週です。
その後、高いビルの展望台がお決まりで
新潟市内で1番高いのは、朱鷺メッセで140.5Mあるそうですが
Dsc04588_1
この日は、ケツメイシのコンサートがあるようで人がいっぱいだったので近くにあった新潟日報メディアシップの上りました。
Dsc04611_1

Dsc04601_1
この日の新潟では、他に槇原敬之のコンサートもあるみたいでどこのホテルも満室で取れませんでした。
しかたなく、白新線で30分ほど行った所にある新発田のホテルに泊まることにしました。
Dsc04615_1
これに乗れたら楽だったんですが・・・・フルムーングリーンパスではダメ
別に乗車整理券を買えということだったので
普通列車でトコトコです。
Dsc04616_1

Dsc04617_1
こちらでは黄色に塗りつぶされてしまった115系ががんばっていました。

総移動距離1360Kmで1日目終了です。
今日だけで正規運賃で計算すると二人分で約10万円ですから、もう元を取ったことになります。
新山口→新大阪 運賃7,560円+グリーン料金10,150円=17,710円
新大阪→東京 運賃8,750円+グリーン料金10,480円=19,230円
東京→新潟 運賃5,620円+グリーン料金8,540円=14,160円
新潟→新発田 運賃500円
計51,600円/一人 X2=103,200円

2015年6月19日 (金)

MS8609A③

引き続きMS8609Aの性能確認です。
Copy0024_1
A・Bトレース問題ありません。

次にプリアンプの確認です。
Dsc04524_1
KSG4700Tから500MHz-120dBmを入力して
Copy0025_1
プリアンプON

Copy0026_1
プリアンプOFF
OKです。

次に信号純度です。
MS8609AはMS2683Aと同じ
側波帯雑音:≦-108 dBc/Hz(1 GHz、10 kHzオフセット)、≦-120 dBc/Hz(1 GHz、100 kHzオフセット)です。
GPSDO(Theunderbolt)の信号で確認してみました。
Copy0021_1
MS8609A
Dsc04517_1
HP3589A
Dsc04518_1
HP8561E

清水さんのコメントにあった状況です。
清水さんがHP記事に書いておられるほどひどくは無いですが-80dBCにあります。
下のHP3589Aでは見えていません。
MS2683AとLO関係は一緒のようですからこれらの機種特有のスプリアスのようです。

Copy0028


Dsc04525_1

インストールしてあるW-CDMA用の中にPowerMeter機能があります。
KSG4700Tから500MHz0dBmを出力して測ってみました。
Dsc04521_1_2

Copy0023_1

ML4803A+MA4701A
Dsc04522_1

HP8561E
Dsc04523_1
それなりに測れるようです。


2015年6月18日 (木)

MS8609A②

MS8609Aの性能確認を続けていて不具合が出てきました。
それはRBW=3MHzにすると信号レベルがおかしくなるというものです。
KSG4700Tから2GHz 0dBmの信号を入力したものです。
Copy0001
FULL SPAN RBW=1MHz

Copy0002
FULL SPAN RBW=3MHz
RBW=3MHzにするとレベルがRef Levelまで上昇します。

Copy0003
RefLevelを+20dBmにすると下がりますが、本来のLevelではありません。

Copy0006
SPAN=2GHzにしても同じ状況です。
この時Ref Levelを+15dBmにすると
Copy0007
信号LevelもRefLevelになります。
RefLevelを+20dBmにすると
Copy0008
Levelは下がりますが、やはり正常ではありません。

Copy0009
RefLevelを+10dBmにもどして

Copy0010
ATTを30dBにしても変化なしです。

Copy0011
RefLevelを1dBづつ上げていくと+18dBmで少し下がります。

Copy0012
RBW=1MHzにすると問題なくなります。

MS2683AのTGを作ったときにRBW=3MHzと1MHzではLOの周波数が違っていたのですが、このMS8609Aも同じように違っていてそれが原因かなとも思うのですがよく判りません。

ATTがおかしいということは無いようなので、RBW=3MHzを使わなければ問題ないので使わないことにします。

 

2015年6月17日 (水)

MS8609A

又スペアナをオクでゲットしました。
MS8609Aという機種です。
Dsc04510_1

Dsc04511_1
メーカー名称は「Digital Mobile Radio Transmitter Tester」で
測定周波数範囲は9Khz~13.2GHzです。

R3267との入れ替えになります。
R3267は性能的には何も問題なかったのですが、操作系が自分には合わずに最近はすっかり出番が無くなっていました。

以前AnritsuのMS2863Aを所有していて操作系はこちらの方が合う感じでした。
そこで思い切って入れ替えをしました。

MS2683AはRBWが300Hzまでで不満があったので今回は、オプションでRBW=10Hzがついているものにしました。
Copy0016

Copy0017_1

Copy0018_1

Copy0019_1

Copy0020_1

Live Counter Time=301345min 
計算すると約200日強になります。MS2683Aの284万時間に比べれば約1/10です。
ATTSWも20万回程度ですから問題ないようです。
Optionは、オクの説明では
001:高安定基準水晶発振器
004:ディジタル分解能帯域幅
008:プリアンプ
031:ローノイズフロア
が付いているとのことでしたが、来てみると
005:ルビジューム基準発信機
046:停電後の電源復帰
が付いています。
Dsc04493_1

Dsc04494_1

Dsc04458_1
HP Z3805A基準のHP53131Aで計測してみると問題なく働いています。
でも、これを使う為には常時通電しておかないといけないのでZ3805Aを使うことにすると出番は無さそうです。

046:停電後の電源復帰は、
「フロントパネル上の電源スイッチを無効にし、停電後に自動復帰する。
電源のオン/オフは、背面のスタンバイスイッチで行う。
*本器のフロントパネル上の電源スイッチは、ラッチング機能を有していないため、電源オン状態で停電になると、ラインが復帰されても スタンバイ状態になります」
というもののようです。

Dsc04495_1
封印は破られているので少し不安ですが・・

Dsc04514_1
MX268001Aも付いていました。
このソフトは画面キャプチャ出来ると思っていたのですが、どうもRS232C経由でPCに画像を転送するだけのようです。
WIN7(HomeEdition)のサブPCにインストールしてみましたが動作させると途中でフリーズします。WIN7ではダメなのかもしれません。

そこで
Dsc04513_1
256MのCFとアダプターを購入して画面取り込みに対応しました。
Copy0001
KSG4700Tから2GHz0dBmを入力したところです。
Copy0015
Freq CounterもOKです。

Copy0014
RBW=10HzもOKです。


2015年6月 9日 (火)

自作部屋大改造

ポータブルTRXが出来上がりHP3589Aの修理も終えて一段落ついたので、以前から思っていた自作部屋の改造に着手しました。

現在の問題点は、作業机の奥行きが狭く大型の測定器を真正面に持ってこれないことです。
このため台上に斜めに配置するようになり又左右に分かれることから操作性が悪く効率が悪化していました。

以前の状況(測定器はかなり入れ替わっていますが)
Dsc08527_2

そこで、作業机の奥行きを30Cm強広げることにしました。そうするとこのままの配置では不具合が出てくるので配置を変えて
Dsc04500_1
こういう配置にしました。

右側の作業机は
Dsc04498_1
机下にあったSSGも机上に戻してほぼすべての測定器が正面に配置出来ました。

左側は
Dsc04501_1
これまで床に置いていた自作無線機達や残りの測定器が収納出来ました。

さあ~、これで次は何を作りましょうか。

2015年6月 3日 (水)

HP3589A修理

製作中だったポータブルTRXも一段落ついたので、以前からの懸案であったHP3589Aの不具合を修理してみることにしました。

不具合とは
Dsc04484
特定の条件下で図のようなエラーが出ることです。

特定の条件とはCFがおおよそ15MHz以下でSPANを10KHz以下にしたときに出ます。
しかもCFが偶数の時は出なくて奇数の時に出ます。

おそらくは、LO関係のどこかのPLLのレンジが外れているのではと見当をつけて
Agilent時代にDLしておいたサービスマニュアルを見てみると、調整方法が詳しく書いてあります。

そこで片っ端からチェックしてみました。
チェックするのに使ったのは、HP53131A、HP8561E、FLUKE8840Aです。

Dsc04490_1

Adjustments2(10MHz±1Hz)
Dsc04479

Adjustments3(-7V±0.25V)
Dsc04480
ギリギリですが基準内なので次にいきます。

Adjustments4(55MHz±0.5MHz)
Dsc04475

Adjustments5(H.F.LIMIT 470MHz±2MHz L.F.LIMIT 290MHz±2MHz)
Dsc04468

Dsc04471
ここで初めて規格外です。
H.F.LIMITが460MHzより上に行きません。

Adjustments6
ここの写真を撮り忘れましたが、すべて基準外です。
このAdjustments6では基板を引き出しEXTENDER BOARDとEXTENDER CABLEを使えとあります。そんなものは無いので調整用のVRを引き出して調整しました。
Dsc04485_1

Dsc04488_1

Dsc04489
しかし、ここも基準値に調整出来ません。

Adjustments8
STEPOOL_L 297MHz±0.5MHz
STEPOOL_H 470MHz±0.5MHz

ここは、かなり狂っていましたが基準内に調整出来ました。

Adjustments10
PRETUNE OFFSET 450MHz±0.5MHz
PRETUNE SLOPE 306MHz±0.5MHz
ここは両方を何回か繰り返し調整することで基準内に調整出来ました。

ここでAdjustments5・6に戻って調整したところ無事UNLOCKは出なくなりました。
しかし、Adjustments5のH.F.LIMITは基準内にはなっていません。

とりあえずエラーメッセージは出なくなったので様子見です。
Dsc04491


« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »