« 2015フルムーングリーンパス ⑤ | トップページ | ADF4118 »

2015年7月 5日 (日)

MS8609A FAN交換

入手したMS8609AのFANは以前の2683Aと同じ
Dsc05603_1
DC San Ace 109R1212T1H12が付いています。
当然のことながらかなりうるさいです。
そこで今回もFANを交換してやろうとしたのですが、2683Aの時に使ったFANは製造中止で入手出来ませんでした。
そこで新しいFANを探して
Dsc05604_1
TwisterStorm UCTS12AというFANを入手しました。
このFANは
Dsc05607_1
風量がSWで3段階に切り替えられます。
今回は、真ん中の2500rpmで使います。
性能的には
SanAce120 12V-0.48A 2600rpm 102.4CFM 39dB
UCTS12A  12V-0.6A 2500rpm 115.75CFM 30dB

実際に廻してみると
Dsc05615_1_2

Dsc05610_1
SanAce120
Dsc05611_1
UCTS12A
データシートよりは電流が少ないですが、音の大きさはほとんど変わりません。

そこで、IN4007を2本直列に入れて電圧を落としてみました。
Dsc05617_1

Dsc05618_1
これで音はかなり小さくなり、風量もSanACe120と同じくらいです。
ダイオードは少し熱くなるので放熱に銅板をつけました。

これを取り付けることにしました。(あくまで自己責任です
MS8609Aのシールは破られていたのでさっさと開腹です。
Dsc05595_1
FANを交換するためには、リアパネルを外す必要があります。
Dsc05622_1
リアパネルの▲のマークのついたネジを外すと
Dsc05600_1

Dsc05602_1
外すことが出来ます。
Dsc05621_1
ダイオードを空いているところに取り付けてFAN+リアパネルを戻して終了です。

これでかなり静かになりました。

« 2015フルムーングリーンパス ⑤ | トップページ | ADF4118 »

測定器」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1195023/60625445

この記事へのトラックバック一覧です: MS8609A FAN交換:

« 2015フルムーングリーンパス ⑤ | トップページ | ADF4118 »