« ブルーインパルス | トップページ | HP3335A② »

2015年8月 4日 (火)

HP3335A

ポータブルTRXの後の自作をどうするかが全く決まらず、ボーと過ごしていたのですが
暇つぶしにでもと思ってオクで「HP3335A」の不動品を入手しました。
Dsc05761_1

Dsc05762_1

この当時の機器なら、なんとか手が出せるのではと思い修理に挑戦することにしました。
不具合の状況は、
「電源をオンにすると通電は致しますが、表示部に
何も表示が出ない状態です。
 また、各ランプも全く点灯しない状態です。」
というもので送料込みで5Kほどでした。

まずは、開腹して内部状況の確認です。
Dsc05766_1

Dsc05767_1

Dsc05670_1
内部は、ホコリもほとんど無くかなりきれいです。
電源部をざっと見てみても特に怪しいところはありません。
キーサイトのHPからサービスマニュアルをDLして
Dsc05763_1

Dsc05764_1
電源部の回路図を印刷しました。

特に変わった回路ではなくOPAMPを使ったている定電圧回路のようです。
Dsc05668_1
制御回路部分を引っ張り出してみましたが焼けているだとか変色しているような部品はありません。
Dsc05676_1
このブリッジの所の電圧は
Dsc05684_1

Dsc05685_1

Dsc05686_1

Dsc05687_1
問題ないようです。
一番心配していたのはトランスの断線でしたが、大丈夫でした。

そこで電源回路を切り離して電源を入れてみると
+15V
Dsc05688_1

-15V
Dsc05689_1

+5V
Dsc05690_1

-5.2V
Dsc05691_1

全部の回路がダメです。
さて、どこだろう・・

« ブルーインパルス | トップページ | HP3335A② »

測定器」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1195023/61028633

この記事へのトラックバック一覧です: HP3335A:

« ブルーインパルス | トップページ | HP3335A② »