« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2015年8月の5件の記事

2015年8月25日 (火)

台風15号

台風の中、無事仕事を終えてさっき帰ってきました。

帰って来たときは、停電中だったのですがさっき復旧しました。
しかしケ-ブルテレビさんが駄目なようでネットにつながりません。

家は、被害はなく無事でした。

今の気圧は、978hpです。

とりあえず電気が来たのでひと安心です。

2015年8月23日 (日)

2015ハムフェア

入賞した自作品コンテスト表彰式出席のためハムフェアに行ってきました。
Dsc_0160_1
5年前と比べると人が多いな~と感じました。
多いといってもおじさん(自分も含めて)ばっかりでしたが・・

Dsc_0161_1

Dsc_0162_1
まずは、自分の作品に再会です。

Dsc_0164_1

Dsc_0165_1

Dsc_0169_1
そうして表彰式に出席しました。
他の入賞者の皆様と少しですがお話も出来て少しエネルギーをいただきました。

Dsc05789_1
今回は最優秀賞ということで総務大臣名の表彰状です。
5年前はJARL会長名でしたので、やはり箔が違います。

Dsc05790_1
このマークは政府関係でよく見るマークです。

Dsc05792_1

Dsc05795_1
立派なカップも頂きました。
しかし・・陳列する場所がないので箱に入れてしまいます。

2015年8月21日 (金)

スズメバチ

今月は5日頃に夏風邪をひいてしまい、その後ず~と長引いていて最悪です。
といっても、症状は鼻水と痰が出るだけなのですが・・・
これが結構モチベーションには影響して3335Aの修理もそのまま放置プレイです。

そんな中、家の物置にスズメバチが巣を作っていました。
少し前から大きなスズメバチが飛んでいるのは見かけていたのですが、スズメバチ自体はそんなに珍しくもないので気にしていませんんでした。
しかし、気になって調べたところ勝手口につながる物置の作業机の下に巣がありました。
ここは日常的によく通るところなので、よくもまあ刺されなかったものだと安堵です。
Dsc_0157_1
これは巣を撤去した後ですが、この机の下に巣があったのです。

Dsc_0156_1
駆除した巣です。
まだ働き蜂が10匹程度だったので市販の蜂専用スプレーで駆除出来ました。

もう少し大きくなっていたらと思うとゾッとします。

明日は、ハムフェアに行く為に東京さ行きます。

2015年8月 5日 (水)

HP3335A②

HP3335Aの電源部の不具合ですが、結局POTRが全滅でした。
Dsc05769_1

サービスマニュアルには
Dsc05765_1
NPN PO*100W PNP PO*100Wだけで品番とかはありません。
そこで手持ちにあった、2SD878と2SA1072、2SA1329と取り替えてみました。

Dsc05698_1
これで電圧が規格どおり出るようになりました。

そこで、動作確認をしたのですが+15Vが+2Vくらいまで落ちてしまいます。
電源単体では電圧は正常なので、どこか他に不具合がありそうです。

Dsc05699_1
そこで基板ブロックを取り出して
Dsc05702_1
電圧を掛けてみると
Dsc05703_1
大丈夫です。
そこで、1枚づつ基板を差し込んで確認していきます。

A2 DIVIDER FILTER から順番にチェックしていくと

A7 MIXERで
Dsc05705_1
+15Vと-15Vがダウンします。

結局
Dsc05770_1
赤丸のCがショートしていました。

手持ちの電解Cに交換して
Dsc05717_2

Dsc05708_1
OKのようです。

Dsc05771_1
A2からA9まですべての基板をチェックし合計の電流を計算してみると
+15V 約0.8A
-15V 約1A
+5V  約1.2A
-5V  約2.1A

-5Vが結構食います。

その後、本体に戻して電源ONしても又電圧降下を起こします。
チェックすると+15Vが0.5Aくらいで電流制限されてそれ以上流すと電圧降下を起こしています。

そこで外部電源から供給してみました。
Dsc05736_1

Dsc05737_1
無事画面表示出来キー操作も出来ました。

80MHz 0dBmの信号を出力して
Dsc05738_1

Dsc05740_1

Dsc05741_1

Dsc05742_1
信号純度、レベルともに問題ないようです。

しかし、このまま修理完了とはなりませんでした。




2015年8月 4日 (火)

HP3335A

ポータブルTRXの後の自作をどうするかが全く決まらず、ボーと過ごしていたのですが
暇つぶしにでもと思ってオクで「HP3335A」の不動品を入手しました。
Dsc05761_1

Dsc05762_1

この当時の機器なら、なんとか手が出せるのではと思い修理に挑戦することにしました。
不具合の状況は、
「電源をオンにすると通電は致しますが、表示部に
何も表示が出ない状態です。
 また、各ランプも全く点灯しない状態です。」
というもので送料込みで5Kほどでした。

まずは、開腹して内部状況の確認です。
Dsc05766_1

Dsc05767_1

Dsc05670_1
内部は、ホコリもほとんど無くかなりきれいです。
電源部をざっと見てみても特に怪しいところはありません。
キーサイトのHPからサービスマニュアルをDLして
Dsc05763_1

Dsc05764_1
電源部の回路図を印刷しました。

特に変わった回路ではなくOPAMPを使ったている定電圧回路のようです。
Dsc05668_1
制御回路部分を引っ張り出してみましたが焼けているだとか変色しているような部品はありません。
Dsc05676_1
このブリッジの所の電圧は
Dsc05684_1

Dsc05685_1

Dsc05686_1

Dsc05687_1
問題ないようです。
一番心配していたのはトランスの断線でしたが、大丈夫でした。

そこで電源回路を切り離して電源を入れてみると
+15V
Dsc05688_1

-15V
Dsc05689_1

+5V
Dsc05690_1

-5.2V
Dsc05691_1

全部の回路がダメです。
さて、どこだろう・・

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »