« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

2015年9月の11件の記事

2015年9月27日 (日)

中秋の名月

今日は中秋の名月

ということで。NEX-5R+CANON FD200mmF2.8で
Dsc05988_1
ISO=3200 F=8 1/250

Dsc05989_1
ISO=6400 F=8  1/500

三脚を使わないで、フェンスにレンズを押しつけて撮ったので微妙です。
やはり手振れ補正が欲しい・・

2015年9月26日 (土)

CQ誌

普段は買わないCQ誌ですが10月号は
Dsc05976

Dsc05978
Amazonで購入

理由は
Dsc05979_1
もちろんこの記事

Dsc05980

Dsc05981
ちゃんと載っていました。


2015年9月21日 (月)

2015彼岸花 鰐鳴八幡宮

昨日は実家に墓参りに行ってきました。
実家近辺の彼岸花です。
(NEX5R+FD55mm、FD200mm、NIKKOR35mm)
Dsc05913_1

Dsc05911_1

Dsc05907_1

Dsc05912_1

今日は、鰐鳴八幡宮に行ってみました。
ここは以前(2010年)にいったことがあるのですが、かなり本数が増えた感じでした。
Dsc05974_1

Dsc05940_1

Dsc05925_1

Dsc05926_1

Dsc05931_1

Dsc05932_1

Dsc05933_1

Dsc05937_1

Dsc05943_1

Dsc05944_1

Dsc05946_1

Dsc05949_1

Dsc05953_1

Dsc05957_1

Dsc05960_1

Dsc05964_1

Dsc05966_1

2015年9月17日 (木)

負電圧 3端子Reg 電流ブースト

負電圧の3端子レギュレータの電流ブーストが出来ることが判りました。

Runesasの資料の中に

3reg_1

「負電圧三端子レギュレータについても使用部品の極性変更などで適用できます。」
という記述がありました。

そこで外部TRに2SC5949を使って試してみたところ問題なく出来ました。

2015年9月16日 (水)

HP3335A修理⑦

秋月に日曜日に注文した部品が昨日届きました。
Dsc05888_1

Dsc05889_1

Dsc05890_1
電解Cだけでは送料がもったいないので、その他にもあれこれ注文してしまいました。

本命の電解Cを確認
Dsc05891_1
RE-5000を使って

Dsc05892_1
8200uは、7.19mF

Dsc05893_1
4700uは4.28mF

大きな容量を計測するときは測定周波数を100Hzにしないと
Dsc05895_1
1KHzではOLになってしまう。

Dsc05896_1
とりあえず
12000u → 4700u
15000u → 8200u
を1個づつつけて確認

Dsc05897_1
どうやら、他にも問題がありそうです。

Dsc05880_1
外部電源だと問題ないので電源関係なのは間違いないところですが

2015年9月14日 (月)

HP3335A修理⑥

HP3335Aの修理
電源が出来たてパネルまで動作確認できたので、いよいよ本体を繋いでみます。
取りあえず仮接続で
Dsc05874_1

設定を
F=80MHz -20dBm に設定すると
Dsc05878_1
何か裾がにぎやかです。

本体ブロックの電源を外部から供給してみると
Dsc05876_1
静かです。

いろいろ確認してみると
Dsc05887_1
大きな電解Cの左側3個が容量抜けです。

Dsc05881_1

Dsc05883_1

Dsc05884_1

右側の2個は
Dsc05885_1
DE-5000は最大20mF(20000uF)まで計れるとあるのですが15000uFでOLになります。

こんな大きな容量の電解Cなんか手持ちがありません。
しかたないので秋月に速攻注文しました。

2015年9月13日 (日)

HP3335A修理⑤

今年は台風の当たり年なのでしょうか、これからこれが日常化するのか判りませんが地球の環境が変化しているのは間違いないでしょうから気候が変わるのはあたりまえなのでしょうが、災害が起きるような変化は無しでお願いしたいものですが・・

今回の大雨による被害に遭われた方に心からお見舞い申し上げます。
自分も床上浸水を経験しているので(浸水したときは仕事で家にはいなかったのですが)後の片付けの大変さはよく判ります。

そんな台風の一つに実を落とされた庭の栗の木から
Dsc05857_1
なんとか収穫できました。

数が少ないので皮をむいてスライスして生でビールのツマミにしました。
生で食べると、子供の頃山で栗を採っておやつ代わりに生でポリポリ食べていた記憶がよみがえってきます。

HP3335Aは電源部を作り変えて
Dsc05854_1
本体に取り付けて

Dsc05863_1

Dsc05865_1

Dsc05864_1

Dsc05866_1
電圧を確認して

Dsc05873_1
パネル面のコネクタだけ繋いで

Dsc05870_1
動作確認

各キーも所定の動作をしているようで一安心です。
しかし、中の本体を繋げていないのでまだ油断できません。


2015年9月12日 (土)

JUNK PARTS 2弾

連日JUNK PARTSが届きます。
今回もオクで「電子部品 ノイズ除去 80個X10」というタイトルで出ていたものです。
写真をみたところパッチンコアの中身部分みたいだったので2個くっつけてコアとして使えないかなという軽いノリで入札しておいたら落ちてしまいました。

で、やってきたのですが
Dsc05860_1

Dsc05858_1

Dsc05859_1
思っていたとおりの物でした。

Dsc05862_1
内径はRG-58U(3D)同軸にピッタリです。

Dsc05861_1
こんなシールも貼ってあります。
ということは10枚で10K円?

今回は800個入手なので1個あたり送料込みで約3円です。

2015年9月11日 (金)

JUNK PARTS

又、ついフラフラとオクでJUNK PARTSをゲットしてしまいました。
Dsc05842_1

やってきたのは
Dsc05844_1

ミニサーキットのPSC-2-1000というSplitter/Combinerです。

送料込みで1個30円ほどです。
使い道はそれなりにあるのですが、50個は使い切れないだろうな・・

でも、こういったまとまった出物を見るとつい欲しくなってしまいます。
ほとんど病気のようなものです。

2015年9月 9日 (水)

HP3335A修理④

HP3335Aの修理は、電源部分を作り変えています。

Dsc05692_1

Dsc05672_1

この2枚の基板を作り変えます。

Dsc05846_1

Dsc05848_1

Dsc05849_1

Dsc05845_1

とりあえずこの2枚を繋げて確認したところ
必要な
+5V、+15V、-5V、-15Vの4系統で電圧・電流とも必要なスペックは確保
出来ていることを確認しました。

しかし、これから慎重に作業を進めないといけません。
何せ電源ですから一つ間違えれば2次災害が起きる可能性があるので慎重な上に慎重に進めます。

2015年9月 1日 (火)

HP3335A修理③

いろいろあって進んでいないHP3335Aの修理ですが、フロントパネルのキー操作の不具合も結局電源が原因で外部から電源を入れると問題なく働きます。

電源部の不具合の原因として考えられるのは電流制限回路なのですが
制御TRを全部交換したので定数を変えなければダメなのだと思うが・・
ところがサービスマニュアルに載っている回路図にはこの回路がないのです。
しかし、基板には
Dsc05694_1
左上にある5個のVRが各電圧の電流制限値を変える物のようなのです。

その前に、サービスマニュアルに載っているこの基板の配置図が
Dsc05840_1
まったく違っているのです。

左上のVRは記載がないし、抵抗等の配置が縦と横の違いもある。
基板から回路図を追っかけようかとも思ったのだが面倒くさいので3端子Regでも使って作り直すかと思い出しました。

必要なのは
+15V 1A
-15V 1.2A
+5V  1.3A
-5V  2.0A
の4系統です。

ここでハタと困ってしまいました。
負電源用の3端子Regのデータシートを見ると電流ブースト回路が記載されていないのです。
正電源用はあるのですが、負電源では電流ブーストは出来ない??

となると、TRを使ってエッチラオッチラと組むしかない??。

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »