« HP3335A修理⑥ | トップページ | 負電圧 3端子Reg 電流ブースト »

2015年9月16日 (水)

HP3335A修理⑦

秋月に日曜日に注文した部品が昨日届きました。
Dsc05888_1

Dsc05889_1

Dsc05890_1
電解Cだけでは送料がもったいないので、その他にもあれこれ注文してしまいました。

本命の電解Cを確認
Dsc05891_1
RE-5000を使って

Dsc05892_1
8200uは、7.19mF

Dsc05893_1
4700uは4.28mF

大きな容量を計測するときは測定周波数を100Hzにしないと
Dsc05895_1
1KHzではOLになってしまう。

Dsc05896_1
とりあえず
12000u → 4700u
15000u → 8200u
を1個づつつけて確認

Dsc05897_1
どうやら、他にも問題がありそうです。

Dsc05880_1
外部電源だと問題ないので電源関係なのは間違いないところですが

« HP3335A修理⑥ | トップページ | 負電圧 3端子Reg 電流ブースト »

測定器」カテゴリの記事

コメント

ご参考。

外部電源から本体への電源供給は、新たに入手されたモレックスのコネクタをお使いのものと想像しております。
また、修理された内蔵電源から本体への電源供給は、電源部に元から付いていたコネクタをお使いでは無いでしょうか?

この時代のコネクタハウジング内のメス側コネクタは、コネクタの挿抜で板バネが変形し易く、接触抵抗が高くなりがちです。

メス側コネクタの接触片が変形しているか、ご確認されてはいかがでしょうか。

同じ時代のhpの機械で、原因がコネクタ部にあることに気付くまで、似た苦労を致しました。

岸川様

コメントありがとうございます。
コネクタの情報ありがとうございます。

早速チェックしてみました。
現在のところ、そのような症状はありませんでした。

現状頻繁に抜き差ししているので、いつこのような症状になるか判らず、いざというときにチェックポイントが増える事はありがたいです。

いい情報を教えていただきありがとうございます。
今後ともよろしくお願いします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1195023/61633316

この記事へのトラックバック一覧です: HP3335A修理⑦:

« HP3335A修理⑥ | トップページ | 負電圧 3端子Reg 電流ブースト »