« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

2015年11月の12件の記事

2015年11月30日 (月)

HP3335A修理完了 動作確認②

HP3335Aの動作確認続き
周波数確度(内部OCXO)
Dsc06280_1
200Hz

Dsc06281_1
80MHz

Dsc06282_1
HP Z3805AをRefINすると、当然のように

スイープ機能
Dsc06287_1
50MHzを中心に
Dsc06284_1
±2.5M(5MHz)
Dsc06288_1

Dsc06293_1
±50KHz(100KHz)
Dsc06289_1

Dsc06292_1
同期信号OUT
Dsc06290_1

どれも問題ない様子

2015年11月29日 (日)

MS3606B+リターンロスブリッジ

以前リターンロスブリッジを作ったのですが
Dsc06346_1
このような状況で使用することになります。
手元を少しでも広く活用出来るように、コネクタに直接接続出来るものを作ってみました。

Dsc06322_1
このような感じで作ってオス-オスのコネクタを使って直接接続しようというものです。
Dsc06321_1
最初はこんな感じで作って確認です。
Dsc06326_1
全体的に30dBとれていません。

Dsc06328_1
そこで、この前大量に仕入れたフェライトコアを2個併せにしたものを3セットx2使ってシールドを強化しました。
Dsc06329_1
だいぶんよくなってきました。
Dsc06331_1
シールドの強化
Dsc06333_1
もう一息です。
Dsc06335_1
シールドの方法を変えてみました。
Dsc06337_1
かなりよくなりました。
Dsc06339_1
最終形態です。
Dsc06340_1
900MHzまで30dB以上あります。
Dsc06343_1

Dsc06344_1

Dsc06342_1

Dsc06347_1
プリント基板でケースを作って最終確認です。
若干悪化していますが、問題ない範囲です。

Dsc03734
以前の製作物と比べると、低い方は負けていますが高い方はこっちがいいようです。



2015年11月28日 (土)

狂い咲き②

昨日は、当地でも朝方短い時間ですが雪が舞いました。今年の初雪です。
山間部の方では積雪も観測したようで、季節どおりに冬になってしまいました。

それでもなにかおかしい感じです。
庭では今月の中ごろには
Dsc00459_1
水仙がつぼみを膨らませ

Dsc00474_1
20日頃には開花しました。
資料によると水仙は11月から4月頃まで咲くとあるのでおかしくないのかもしれませんが
庭では12月の中ごろ咲くことはありましたが、11月の中ごろに咲くというのは記憶にありません。

それよりも、今日サイクリングしていると
Dsc_0005_1
あじさいが咲いています!(スマホで撮影)

なにか間違っている・・

2015年11月26日 (木)

TEK2465B 不調

HP3335Aを修理している最中にTEK2465Bが不調になりました。
症状は電源を入れるとSELFTESTは無事終わるのですが画面が
Dsc06304_1

Dsc06306_1
まともに表示してくれません。
この機種は電源の電解Cの液漏れが多発するようですが、SELFTESTはまともに終了しているようなので電源系統ではないと思われます。
もう一つよくある故障が
Dsc06316_1
専用ICの不良があるようです。
特にU400、U800の2種類が多いようです。

開腹して、とりあえず電源系統をチェックしてみます。
Dsc06309_1

Dsc06311_1

Dsc06312_1

Dsc06314_1
特に膨れたり液漏れをおこしているような物は見当たりません。
サービスマニュアルを見ながら電圧チェックしても特に問題あるところはありません。

となると専用ICが疑われます、これがXとなるとやっかいです。
まずU400を外してみます。
Dsc06307_1
中を見てみると経年変化でソケットとの接触部が酸化して黒ずんでいます。
とりあえず、磨いて戻して電源ONすると
Dsc06308_1
直りましたhappy01

Dsc06317_1
測定も問題なく出来ます。
他のICも全部接点磨きを実施してケースに戻しました。

今回は、なんとか修理できましたが ふう~です。

2015年11月25日 (水)

HP3335A修理完了 動作確認①

HP3335Aの修理がどうやら完了しました。
Dsc06240_1

Dsc06247_1
3端子Regの放熱用に穴を開けて風を導くためにアルミ板を設置しました。
Dsc06245_1
今付いているFANはかなりの風量で壮大な音を出しているのですが、どうみてもそこまでの風量がいるような発熱量ではないので150Ω20Wの抵抗で回転数を下げて音量を小さくしました。それでもまだ音量は大きいですが・・

Dsc06248_1
電源ON直後はかなりずれている周波数も通電30分後には内蔵OCXOも安定して
Dsc06249_1
問題なくなります。
Dsc06253_1
レベル測定にはML4803A+MA4701Aを使って10Mから10MSTEPで
Dsc06256_1

Dsc06257_1

Dsc06258_1

Dsc06259_1

Dsc06260_1

Dsc06261_1

Dsc06262_1

Dsc06263_1

Dsc06264_1

Dsc06265_1

Dsc06266_1

Dsc06267_1

Dsc06268_1

Dsc06269_1

Dsc06270_1

Dsc06271_1

低いほうは
Dsc06272_1

Dsc06273_1
MA4701Aがここらあたりで限界のようで
Dsc06254_1

Dsc06255_1
1Mではおかしくなる、そこで
Dsc06275_1
HP3589Aで確認
Dsc06276_1

Dsc06277_1

Dsc06278_1

Dsc06279_1
規格上の最小値である200Hzも問題なし。

2015年11月23日 (月)

HP3335A修理⑩

修理完了かと思っていたのですが、通電して動作確認中に何か焼ける臭いがします。
3335a_1
ここら近辺が熱くなっています。

本体を取り出して、中の基板をすべて抜き出してみると
Dsc00401_1
A7 MIXER基板が焼けています、この基板は最初に不具合があった基盤です。

Dsc00402_1
この回路図中の-15V系統のC1(18uF 35V)
Dsc00405_1

Dsc00404_1
がショートしていてL1(33uH)が焼けたようです。

そこで、同じ形態のC5や焼けたLの隣で影響を受けているものも併せて交換しました。
Dsc00407_1

Dsc00408_1

その後、本体にA7基板だけ挿して
Dsc00456_1
確認します。

Dsc06228_1

Dsc06229_1

Dsc06230_1

Dsc06231_1
4系統とも問題ないようです。

2015年11月22日 (日)

2015紅葉

今年は、紅葉を見に行く機会がなく見ごろを逃してしまっていたのですが昨日宇部にある
連光寺というお寺に行ってみました。

Dsc06225_1

Dsc00413_1

Dsc00414_1

Dsc00443_1

Dsc00440_1

こちらのお寺もかなり終わりの感じでしたがご住職様とお話したところ、今年はピークがなくダラダラと紅葉が進んで見ごろが無かったとのことでした。

Dsc00417_1
又、まだ緑葉の木も多く見受けられましたが、これらの木々はこれから紅葉しても赤くはならずに黄色になるとの事でした(太陽があまりあたらないからとの事)。

そんな中でも本堂の裏手が今はいいですよとの情報を得て
Dsc00419_1

Dsc00425_1

Dsc00423_1

Dsc00424_1

Dsc00430_1

Dsc00421_1

その後お寺の上に上がらせていただき本堂などを見学させていただき、その上お茶とお茶菓子も頂戴しました。

Dsc00450_1

Dsc00438_2

見ごろとはいきませんでしたが、今年も紅葉を見ることが出来ました。

使用機材
α7Ⅱ
SIGMA SUPER WIDE Ⅱ 24mm
CANON FD 50mm F1.4 S.S.C
NIKON ED AF NIKKOR 80-20mm F2.8

2015年11月19日 (木)

CANON FD 50mm F1.4 S.S.C

α7Ⅱ用にCANONのアダプターも入手しました。
入手先は八仙堂です。
Dsc06223_1
これで
SONY α
MINOLTA MD/MC
NIKON
コンタックス/ヤシカMM
CANON FD
の5種類のマウントアダプタが揃いました。

CANON FDレンズは、亡き父が昔使っていたものが出てきたので使いたいと思ったからです。
Dsc06209_1

Dsc06208_1
何年も押入れにあったので
Dsc06196_1
マウント側のレンズに盛大にカビが生えています。

それ以外は、意外とキレイで絞り・ピント問題ありません。

まずエタノールで拭いてみたのですが全くとれません。
そこで、カビキラーでやってみたところ
Dsc06221_1

Dsc06222_1
キレイになりました。

さっそく7Ⅱに付けてパシャリです。
Dsc00373_1

Dsc00379_1

Dsc00374_1

Dsc00376_1
問題ないようです。

2015年11月18日 (水)

HP3335A修理⑨

修理してきたHP3335Aの電源部分が出来たので取り付けて動作確認
Dsc06204_1

Dsc06202_1

Dsc06200_1
5MHz 0dBm
Dsc06210_1
SPAN 100KHz
Dsc06211_1
SPAN 10KHz
Dsc06213_1
MAX F 80MHz
Dsc06215_1
IKHz

Dsc06212_1
-50dBm
Dsc06217_1
-80dBm

ほぼ問題ないようです。
Dsc06219_1

Dsc06218_1
GP-IBもADDRESS 3で認識出来ています。

どうやら目処がつきました。


2015年11月10日 (火)

HP3335A修理⑧

先週のハムの集いも終了し、さあ修理の続きだと思った矢先に風邪をひいてしまい気力DOWNでノビノビになっていたのですがやっと再開しましたが・・・

変な症状で??????と首をひねっています。

どんな症状かというと、-15VをつくるのにLT3015T-15という三端子Regを使っているのですがシャットダウンピンを使ってシャットダウンしても出力が出てしまうというものです。

LT3015T-15に外部TRをつけて電流ブーストしているのですが、-3~-10Vくらい出てきます。

2SC5949の場合
Dsc06188_1

Dsc06185_1

外部TRの不良かなと思いいろいろ変えてみてもダメです。
Dsc06191_1
これらのTRはテスターで正常だと判明しています。

LT1175T-5を使った5Vの系統は問題なくシャットダウン出来ています。

そんな中唯一2SD180を使ったとき
Dsc06190_1

Dsc06189_1
シャットダウン出来ます。
(手持ちの別の個体でも同じくシャットダウン出来ました。)

ただこの状況では、どちらが正しいのかと言われると????です。
きちんとした原因が判らないと使うには気持ちが悪いです。

2015年11月 2日 (月)

HPにUPしました。

2015ハムフェア自作品コンテスト 受賞作品の概要をHPにUPしました。

http://www.geocities.jp/ja4lao/

2015ハムフェアin山口

昨日、当方のQTHに近い山口市南総合センターで2015ハムフェアin山口 が開催されました。
Dsc06108_1

Dsc06107_1

そこで、この夏にあった2015ハムフェア自作品コンテストで最優秀賞を受賞した「HF-VHF SSB MULTI BANDER」を展示させていただきました。
その後、講演もさせていただきました。

Dsc06100_1
展示スペースがあったので2010年に優秀賞第1席を受賞した「Q-L Meter」も一緒に展示しました。

会場内には
Dsc06115_1
各メーカーの展示の他

JARL広島支部の皆さんが開催されておられる自作教室の展示がありました。
Dsc06116_1

Dsc06117_1

Dsc06118_1

講師を勤めておられるJL4BLD 大本さんの作品の数々は非常に作りが丁寧で
とっても刺激をいただきました。
Dsc06119_1

Dsc06120_1

Dsc06122_1

開会近くになると
Dsc06123_1

Dsc06124_1
大変な盛況です。
主催者発表では前年比150%の110人+の入場者だったそうで
Dsc06127_1
用意されていた席では足りずに立って参加されている方も多数おられるような状況でした。

そんな中受賞作品について講演させていただいたのですが、緊張して思っていることの半分も話せなかったと反省しています。

ただ、展示スペースでいろいろな方とお話させていただきましたが、皆様自作には興味はあるようでしたがなかなか出来ないというようなお話でした。

しかし、いろいろな方と情報交換出来てとても有意義な一日でした。

受賞作の各種資料は近いうちにHPにUPしますので今しばらくお待ちください。

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »