« HPにUPしました。 | トップページ | HP3335A修理⑨ »

2015年11月10日 (火)

HP3335A修理⑧

先週のハムの集いも終了し、さあ修理の続きだと思った矢先に風邪をひいてしまい気力DOWNでノビノビになっていたのですがやっと再開しましたが・・・

変な症状で??????と首をひねっています。

どんな症状かというと、-15VをつくるのにLT3015T-15という三端子Regを使っているのですがシャットダウンピンを使ってシャットダウンしても出力が出てしまうというものです。

LT3015T-15に外部TRをつけて電流ブーストしているのですが、-3~-10Vくらい出てきます。

2SC5949の場合
Dsc06188_1

Dsc06185_1

外部TRの不良かなと思いいろいろ変えてみてもダメです。
Dsc06191_1
これらのTRはテスターで正常だと判明しています。

LT1175T-5を使った5Vの系統は問題なくシャットダウン出来ています。

そんな中唯一2SD180を使ったとき
Dsc06190_1

Dsc06189_1
シャットダウン出来ます。
(手持ちの別の個体でも同じくシャットダウン出来ました。)

ただこの状況では、どちらが正しいのかと言われると????です。
きちんとした原因が判らないと使うには気持ちが悪いです。

« HPにUPしました。 | トップページ | HP3335A修理⑨ »

測定器」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1195023/62449792

この記事へのトラックバック一覧です: HP3335A修理⑧:

« HPにUPしました。 | トップページ | HP3335A修理⑨ »